SiawaseDrem.net

2017/06/13 01:05:13 | 英会話スクール
近年、乏しいお子様を英会話スクールに通わせる親御さんはたくさんいます。英語を学ぶにはもの心がつく前、子供もはなはだ小さい内から作るのが身に付き易いという話を聞いた事が有りますよね。それはなぜなのかご存知でしょうか。言葉を覚える、学ぶという習慣は当方が生まれたその時から身体の中に身に付いています。赤ちゃんが言葉を聞いて一生懸命答えようとしているのはそういった意味もあるのです。また、大人は言葉に対して意味を付けないと相当憶えられないですが、狭いころは意味を付けないでも音で聞き分けて得る事が出来るのです。音を聴きとれるという事は、発音も充分分かる事が取れるという事です。ですから、小さい時に英語を音と...
2017/05/26 01:05:26 | ブランディング
ハローキティは、子ども向けの商品などで使用されているほか、家電製品やご当地限定土産品などでも確かめることができます。それだけでなく、ハローキティは誠に世界70カ国で販売されており、キティを表現する単語として「kawaii」というに日本語が輸出なるほどです。海外では、ハローキティの熱烈なファンには、有名人やセレブも数多くいます。彼女たちは、日本の“ポップカルチャー”としてキティを捉え、ファッションの一部に取り入れているのです。ハローキティは、さまざまな企業や商品とコラボレーションしてきました。中には、海外における評価が見えるアイテムも存在します。台湾・エバー航空はエアバスの機体に、ハローキティな...
2017/05/23 01:05:23 | ブランディング
最近では、インスタントラーメンやドーナツ、お菓子など“復刻版”の商品が発売され、話題になっています。ちょっと前はよく見かけたのに、そういえば最近見ないな・・・という商品があると思います。まずは、販売終了した商品ブランドに対して、如何なるイメージを抱きつくか聞いてみました。では、学習雑誌の「学習」と「科学」です。当時のコマーシャルでも有名だった、専門販売員「学研の中年」によって訪問販売を通していました。「学習」の内容は国語と社会が中心となっており、「科学」の内容は算数と理科が中心です。さまざまな実験キットの付録が近づくのを楽しみに待っていた人も多いでしょう。また、学習指導要領に対応しているので、...
2017/05/21 01:05:21 | ブランディング
クロネコ、ペリカン、カンガルー、宅配便業者まずは、このような動もののキャラクターを起用したり、親しみやすい愛称を使ったりして、ブランディング戦略を図っているケースが多いようです。では、そのブランディング手法によって、どういう効果があるのでしょう。消費者から「使い勝手」と「信望」において高評価を受けたのが「クロネコ」です。会社名は老舗で業界シェア金字塔の「ヤマト運輸」ですが、「使い勝手」と「信望」の項目それでは、「ヤマト運輸」よりも「クロネコ」の方が高くなっています。CMも「クロネコヤマトの宅急便」はお馴染みで、国民的ブランドとなっています。因みに、商品ブランドの「クロネコ」と企業名の「ヤマト運...
2017/05/16 01:05:16 | ブランディング
パソコンやプリンターなどを向き合う通信機器関連の需要は、近年、飛躍的に高まり、断然活気のある市場にまで発展しました。その一方で、著しい競争が繰り広げられる中、それぞれの会社が技術力を駆使して新商品の開発に力を入れ、ずっと市場にニューモデルが少ないスパンで流通しています。このようなときのもと、販売シェアを獲得するのと同時に、通信機器関連の各社は自社のブランドを確立することを最優先課題として、それぞれが独自の手法によって企業ブランディングを図ってきました。中それでも、アメリカのある企業は、当時では実に独創的な販路とブランディング戦略によって、顧客評価を向上させ、確かなブランド力を築くことができたの...
2017/05/13 01:05:13 | ブランディング
商社は、際立つ技術力や独自性のある商品の製造力を所持していません。まずは、そういう商社の場合は、何を基準にして企業価値を向上させて行く必要があるのでしょうか?企業を支えているのは、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の4つのファクターです。製造会社の場合は、「モノ」を製造する技術力や、その技術力によって作り出された商品が、ブランディングを確立させる大きな要となります。一方、商社において、企業価値を左右するのは、他社製品を向き合う「ヒト」と、多岐にわたるネットワークを必要とする「情報」です。中それでも、世界的規模で事業展開を通している商社の場合は、市場を新しく探るための「情報」と、見つけ出した市場の...
2017/05/10 01:05:10 | ブランディング
ここ数年、百貨店業界において、郊外型の百貨店が目立つようになってきました。そのようになった要因には、鉄道網が発達したことや、都心市場が飽和されたことなど、いくつかが考えられますが、郊外の百貨店では、大都市とは消費者の特徴や市場が違うるだけに、ブランディング戦略に専念する必要があります。まずは、郊外にある百貨店に追求受けるブランディング戦略とはどういったものかを、正に行われている手法を挙げて具体的に見ていきましょう。はじめに、百貨店ということ以上は、都心型の百貨店と同じように、際立つ機能性とサービス力が絶対に外すことのできない課題です。そうして、それにプラスされるブランディング戦略として考えられ...
2017/05/07 01:05:07 | ブランディング
先もの取引が主体である証券会社は、金融商品においても、一目で商品の内容が分かりにくく、新規顧客獲得がやけに難しいとされています。その中けれども、いわゆる“パーソナルブランド”を独自の手法で立ち上げた例は、証券会社においての企業ブランディングを把握する上で、大変参考になります。ある証券会社は、発足当初から急性新規顧客獲得によっていました。商品内容を把握するのが苦しく、消費者にとって何やら取っ付きの乏しい金融商品について、どのようにすれば消費者に興味を持ち歩いてもらえるのでしょうか?それは、商品やサービスを簡易化・合理化させることにありました。この証券会社の場合、まだ証券を持ち歩いていない取引未経...
2017/05/04 01:05:04 | ブランディング
スーパーマーケットは、食べ物や日用品、衣料品など、消費者の日常生活において必要不可欠なアイテムが、ズラリと店内に陳列されています。小売店と同様に、地域のマーケット内には、スーパーマーケットが数多くひしめき合ってあり、さまざまな類似アイテムをそろえているだけに、他との差別化するには非常に困難を抱える業界でもあります。では、その差別化のポイントや手法について、ブランドを確立させた海外にあるスーパーマーケットの事例によって紹介します。小売店も敷地面積の幅広いスーパーマーケットの場合は、消費者にとって、その施設そのものが企業ブランドの象徴ともなります。つまり、施設の外観やフロア内の特徴などが、ブランド...
2017/05/01 01:05:01 | ブランディング
食品業界は、競争が最も耐え難い業界の1つです。たとえば、ドリンクなどについては、新商品が数百種類も1月に市場へ出回るそうです。そんな状況の中で、プライベートブランドの存在を消費者にどんなに認識してもらい、気に入って買うかがブランディング成功のポイントとなります。膨大な商品数の業界だからこそ、確実にプライベートブランドひとつひとつをヒットさせることが、企業ブランドの向上に変わるのです。まずは、ひとつひとつの商品をどのようにすればヒットに陥るのでしょうか?その大きなカギとなる考え方が、「マーケティング」です。マーケティングとは、つまり「市場が必要なものは何か」「消費者の心は何を求めているか」を把握...