2017/01/15 01:05:15 | フランチャイズ
フランチャイズの業種は大きく分けるとサービス業、飲食業、小売業と仕切る事が出来ます。フランチャイズに加盟する場合には、どの業種を選択するかで成功するかどうか変わってきます。ですから、安易に業種を選ぶ事だけは遠退ける様にしたいですよね。では、業種を選ぶ際には何に重点を置いて選べば良いのでしょうか。下記に選び方のポイントをいくつか挙げてみましたので参考にして下さい。【スキな業種かどうか】基本的事ですが、その業種がスキなのか何とかという事です。無論、フランチャイズですから「資金が少なくて済みそうだから」とか、「開業や独立が自己開業よりはリスクが少ないから」とか考えると思いますが、これから作る事がスキ...
2017/01/12 01:05:12 | フランチャイズ
フランチャイズを成功させたいのであれば、フランチャイズの本質を理解するべきです。たとえば、フランチャイズをオープンさせて成功させるという目標が在るとします。その目標が月間売上500万円以上だとください。目標を達成させたオーナーと達成していないオーナーとは何が違うのでしょうか。他の店舗では行われていない独創的な事をして売り上げを伸ばしたのでしょうか。もしかするとそれも有るかもしれませんが、本当は成功の秘訣はそうじゃないと当てはまる様です。フランチャイズの本質を一概に理解して実践している事。基本的事に手を抜かない事。これが成功する秘訣ではないでしょうか。フランチャイズを始めるにあたって、本部側が提...
2017/01/10 01:05:10 | フランチャイズ
待ちに出て見回してみると、至る所にフランチャイズチェーン店が在る事がお分かりいただけると思います。案外様々な業種にフランチャイズチェーンが世の中には展開されているのです。では、主なフランチャイズチェーンにはどんな業種が見て取れるのでしょうか。【小売業】スーパーマーケット車用品店家電量販店コンビニエンスストア書店文具店100円均一ショップ【水商売】ファストフードお弁当屋居酒屋ファミリーレストラン焼き肉店喫茶店カフェ回転寿司屋イタリアンレストランピザ【サービス業】クラブリフォーム会社便利屋予備校清掃会社介護サービスクリーニング屋と言った3つの業種に大別する事が出来ます。上記は1例ですので探すと依然...
2017/01/07 01:05:07 | フランチャイズ
フランチャイズへの加盟をする時々本部と契約をする必要が有りますが、本契約をする前に確認を再度する事が大切となります。本部側も、加盟店側がフランチャイズに参加しやすい様な内容で契約書を作成したり、事業説明会等を行ったりすると思いますが、この時には事業内容はもちろんの事、リスクに関しても充分に説明して貰う事が大切です。また、契約書の内容も充分に確認しておかなくてはなりません。事業説明と食い違いがないか、不確かところが乏しいか確認する様にしないと、これからトラブルが起こる可能性も出てきますので、しっかりと確認をして置き、不明な点は直接聞いて比べる様にください。たとえば、フランチャイズでは一定地域にお...
2017/01/05 01:05:05 | フランチャイズ
フランチャイズでの業種を選ぶポイントを挙げてみたいと思います。先ずは1つの視点から見分けるのではなく、色んな角度から検討を通じて出向く事が必要です。ただし、色んな角度からと言っても何を見たら良いのか分かりませんよね。以下に観点の例を挙げてみますので、それを見ると見極め易くなるかもしれませんよ。・5年後、10年後を見据えてみて、事業として成立している業種かどうか・流行に流されない業種かどうか・今まで培ってきた経験や知識が活かせる業種かどうか・出店する場所にその業種が適しているかどうか・余分な資金も含めて充分に資金が有るかどうか等です。他にも有りますが、主な観点は以上の様だと思いますのでぜひ参考に...
2017/01/02 01:05:02 | フランチャイズ
フランチャイズにはチェーンシステムが有りますが、フランチャイズ以外にもチェーンシステムを導入している企業は有りますので、比較してみたいと思います。先ずはレギュラーチェーンと呼ばれるシステムです。通常、チェーンストアと呼ばれています。本部企業が複数店舗を建設し、そこで使用人を雇って働いてもらうという形態の経営システムになります。フランチャイズは加盟者側から責任者を生みだす事になりますが、レギュラーチェーンでは本部が責任者を任命して店舗で働いて味わう事になります。この形態においているのが大手百貨店や大手スーパーマーケット等になります。次にボランタリーチェーンと呼ばれるシステムです。これは全国各地に...
2016/12/29 14:16:29 | ブランディング
「ブランディング」とは、顧客にとって企業が価値のある“ブランド”を形作り持ち上げるために行なう活動のことです。どんな企業も、「新規顧客獲得」は終始追い続けていく共通のテーマです。自社のサービスや技術に何とか自信があっても、それをどうしてPRすれば良いのか?その時には、あなたの会社が顧客に達する「メリット」を一言で的確に描き出す必要があります。ブランドとは、その企業の“キャッチフレーズ”と言っても良いでしょう。ブランドネームやロゴといったブランド要素によって、その企業と他社とを差別化して、消費者に対して自社のイメージが浸透するように心掛けることが大切です。ブランディングという概念が浸透してきたの...
2016/12/29 14:16:29 | 単身赴任のまめ知識
冬から春にかけての季節は、毎年多くの人にとって転機となります。たとえば、学生であれば学年がひとつのぼり、一段と高度な授業が待っています。また、クラスが変わり心機一転新目標を掲げたり、これまでとは違うコミュニティを築いたりしますね。小中高の卒業生であれば、次の学校へ進学ということになります。学年が変わること以上に、大きな節目となることは間違いありません。大学4年生、或いは院生として2年以上過ごした人、そして予備校生や専門学校生にとっては、アダルトとなる重要な時期です。社会人に生まれ変われるかどうか、あるいはいまや内定が決まっている人にとっては、社会人としてどうしてふるまうべきかなど、様々な悩みを...
2016/12/29 14:16:29 | 会計ソフト
事業を行う上で会社の規模には関係なく、会計業務を行わなければなりません。この会計業務を効率的にできるように使われているのが「会計ソフト」です。会計ソフトはいくつもの種類が販売されていて、テレビもその中のいくつかが宣伝されています。会計ソフトはソフトによってそれぞれ特徴があります。会計ソフトは、会社の月末の売り上げ集計、年度毎の決算集計を行う上で必要となる経理業務をパソコンで立ち向かうときに扱うソフトです。使う人によってソフトの種類が用意されていて、個人事業主用や法人用あるいは個人事業主・法人用というものがあります。ソフトとして行なうことは、日々の伝票入力や仕分け特別したものを元帳に転記する作業...
2016/12/29 14:16:29 | 小規模企業共済
小規模企業共済とは、個人事業主、または会社などの役員の方が、退職されたり事業を閉められたりされた場合に備え、その後の生活の安定や、事業の再建を考えるための資金を、積み立てて準備しておくための共済制度です。そのため、「経営者の退職金共済制度」とも言われています。運営は、小規模企業共済法にもとづき、中小企業基盤整備機構が行っています。中小企業基盤整備機構は独立行政法人で、国が全額出資しています。加入対象者は、次の通りです。◆常時使用している担当が20名以下の、建設業、製造業、不動産業、農業、運輸業などを営む個人事業主或いは会社の役員◆常時使用している担当が5名以下の、商業(小売業、卸売業)、サービ...