トランスレーターの苦労その2

トランスレーターの苦労その2

トランスレーターの苦労その2

 

英語で話している映像を、日本語に吹き替える際、だらだら気をつけなければならない点があります。

 

たとえば、しゃべっているタイミングと、同じように、口によって吹き替えを収録するなど、タイミング面でも難しいと思います
吹き替え専門の声優さんなどを取り扱う必要も出てくるでしょう。

 

 

また、英語の発音はその国の人によって、録音しますが、いよいよ、収録となると、やっとトランスレーターが作成した台本も、母国の人にとっては楽しい表現と思える部分も出てくるわけです。

 

このケースは美しくあるようです。

 

クライアントの意向を一番大事にして作られた台本は、英語を話すネイティブの人達からみると、幾らか変だということもあるようですが、この意見は関係ないのです。

 

いくら、ネイティブの人がアドバイスしても、クライアントが望まないのなら、ありのままおかしい表現の吹き替えが完成してしまいます。

 

必ず、お金を支払う人のいうことを訊くことは、仕方ないでしょうが、作品のレベルも低くなってしまいますよね。

 

トランスレーターと言っても、企業の意向が一番であって、このようなケースではおかしな翻訳をすることになってしまいます。

 

 

英語を日本語に訳すこと、またその逆がトランスレーターの仕事であり、それにはセンスも経験地も必要でしょう。

 

ですが、企業の担当者で、それを理解しようと取り止める人がちょくちょくいるようです。

 

トランスレーターが仕事をした、その内容を見て、担当者は「ここを修正してくれ!」と簡単に言ってくる。

 

このように、困った経験をしたことがあるトランスレーターが多いのです。

 

 

 

トランスレーターの苦労その3

トランスレーターの苦労その2

 

クライアントの言うとおりにするのが、客商売の基本なのでしょう。

 

ですが、翻訳を仕事としている以上、文書の性質を考え変えられない部分もあるでしょう。

 

ほとんど、微妙な言い回しもありますからね。

 

 

このような困った場合は、そのケースによって、トランスレーターのみなさんは賢く対応しているようですが、トランスレーターも言ってみれば職人ですからね。

 

自分の手がけた作品に、茶々が加わるのは納得いかない人もいらっしゃるでしょう。

 

英語と日本語間の翻訳については、一般の人も、英語を少しわかっていることが、そもそも問題ですと思います。

 

何一つ知らない言語でしたら、翻訳されたものを見ても、今ひとつでしょう。

 

ですが、英語は中途半端に知っているものだから、トランスレーターの仕事に口を差し出したくなってしまうのだと思います。

 

 

「ここのニュアンスをますます、そうして!」など、企業の担当者が、プロのトランスレーターにアドバイスなんてケースも珍しくありません。

 

こんなことに直面した場合、トランスレーターのみなさんは、なんでいるのでしょうか?
悩んで、修正しながらすすむのか、相手が納得するまで説明するのか、また、その仕事をやめてしまうのか、各種選択肢がありますよね。

 

翻訳の仕事というものは、ただ、言語を訳せばすばらしいというものではないと思います。

 

トランスレーターの中には、大勢がいて、たとえば、お金のために仕事をする人もいれば、翻訳業は自分の作品を決めることですから、断固として曲げない人もいるでしょう。

 

自分を曲げられないのであれば、それには苦労が伴うということなのですね。

 

 

 

通訳の仕事その1

トランスレーターの苦労その2

 

みなさんは、英語がスキですか?
学生時代は英語がスキだったけれど、社会人になったら、英語からなんとも離れてしまった人も多いでしょうね。

 

人間、英語を普段から、使っていないとダメになってしまいますよね。

 

 

私も以前、ホテルで働いていたころは、外人の知人が毎日のようにいらっしゃったので、毎日、何かしら英語を話していたと思います。

 

そのころは英会話も得意だったのですが、会社を辞めてからは、英語を話す機会もなくなりました。

 

今では英会話は出来ないのではないかと想うくらいです。

 

そういった私と違って、今でも英語が大スキな方も多いでしょう。

 

 

積極的に英語を勉強して、海外旅行でバンバン、英会話を楽しんで、とっくに英語を完璧に自分のものとしている方、羨ましい限りです。

 

こうなると、ワンステップ上がって、英語翻訳の仕事がしてみたいとしている方も出てくると思います。

 

自分の得意分野を活かした仕事ですし、トランスレーターになるなんて、思い切り素敵なことですよね。

 

 

さて、トランスレーターの仕事だが、一言に翻訳をすると言っても、各種仕事があります。

 

一旦、出版翻訳という仕事がありますが、みなさんもご存知ではないでしょうか。

 

出版翻訳は、英語や、他の国の言葉で書かれた出版ものを、日本語に訳すお仕事です。

 

 

一言で、出版翻訳と言っても、本には各種ジャンルがありますよね。

 

ですから、そのジャンルにおいて、ある程度、知識がないと出来ない仕事だと言われています。

関連ページ

翻訳についてその1
通訳の苦労その1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!