トランスレーターの仕事その2

トランスレーターの仕事その2

トランスレーターの仕事その2

 

複雑なニュアンスも、賢く日本語に入れかえることが必要ですから、それなりに知識がないと、その翻訳の仕事は出来ないでしょうね。

 

たとえば、文学の本を翻訳するからには、文化や歴史など、また、その国の社会背景にも細かくなければなりません。

 

これは、言語を翻訳する上で、翻訳において基本的知識だけあれば良いというものではなく、英語でしたら、ニュアンスを変更すること無く、上手にわかりやすく日本語に正すことが必要ですから、文才もなくてはなりませんね。

 

また、言ってみれば、センスも必要です。

 

 

お話したように、その分野において、知識があることは、翻訳をすることにあたり、実に有利です。

 

ですから、歴史本や文学などの場合、トランスレーターではなくて、その道の作家、研究者が翻訳をすることもあります。

 

専門書などは断然、濃い知識が必要となるでしょう。

 

ですから、翻訳の経験よりも、専門知識の方が重要となってくるわけです。

 

このように最初から知識がある場合は大丈夫ですが、英語も何でも、トランスレーターが文学書などの本を翻訳する場合は、その分野について勉強する必要もあるわけです。

 

 

さて、トランスレーターの仕事には、他にも実務翻訳というものがあります。

 

これは、業務で扱う文章を翻訳する仕事なのです。

 

 

たとえば、一般企業から依頼があるでしょうし、各種団体からも仕事の依頼があります。

 

英語の契約書を作ったり、相手国の言語で書かれた業務レターを作成したりします。

 

また、海外に製品を鳴らすことになれば、商品パンフレットも外国語ですよね。

 

 

 

トランスレーターの仕事その3

トランスレーターの仕事その2

 

今では、英語だけでなく、何カ国もの言語で書かれた取り扱い説明書を見かけますが、あれがそうですね。

 

また、特許についての仕事や、刊行ものなどの仕事は、通訳の仕事の中けれども依頼が一番多いそうです。

 

会社面での翻訳業に成功すれば、いつも需要があるということです。

 

ですから、これらの実務翻訳を定期的に受けることが出来たなら、通訳として、仕事が安定して取れるということになるのです。

 

 

そしたら、通訳の仕事には、放送や映像翻訳という分野があります。

 

これは、メディアに関係することから、メディア翻訳とも呼ばれている仕事です。

 

映像の翻訳は、映画の字幕などでおなじみですよね。

 

また、吹き替え翻訳も通訳の仕事です。

 

 

海外のニュースを翻訳したり、番組を翻訳したりする仕事もあります。

 

また、雑誌や新聞において、活字翻訳をする仕事もあります。

 

たとえば、英語で書かれた雑誌や新聞の日本語版を仕立てるという仕事です。

 

メディア関係では、楽曲の歌詞を翻訳することもあるでしょう。

 

外人ミュージシャンのCDには、訳された歌詞が載っていることがありますよね。

 

あんな仕事です。

 

また、放送においては、番組も増え続けていますから、様々な海外番組が翻訳されて日本語で流されています。

 

ダイエットプログラムですとか、商品のコマーシャルですとか、ウェブサイトでのコマーシャルもそうですね。

 

また、DVDを翻訳するなと、ゲームを翻訳するなど、通訳の仕事は次々広がっているのです。

 

 

 

出版翻訳についてその1

トランスレーターの仕事その2

 

通訳が背負う仕事には、各種種類の仕事があります。

 

中けれども、出版翻訳という仕事は、それなりの知識がないと訳せないこともあり、難しいですが、至極やりがいのある仕事ではないでしょうか。

 

 

たとえば、外国で書かれた本は、勿論、日本では知られていないわけですから、それを日本で紹介するという夢のあるお仕事です。

 

そういった面でも、やりがいのある仕事でしょう。

 

そうして、それがベストセラーに、収入面でも大きいですよね。

 

それによって、通訳として名が知れるようになれば、一石二鳥でしょう。

 

次の仕事もどっさり来るようになります。

 

ですから、出版翻訳の仕事には夢があるのです。

 

実力が認められたのなら、海外でベストセラーになった本の仕事も回ってくるかもしれません。

 

通訳によって、表現が微妙に異なると言われているので、ひとまず、認められたら、仕事も軌道に乗ってくるでしょうね。

 

 

たとえば、アメリカの英語本を訳して出版するとください。

 

この業務が出版翻訳と言われている仕事です
やはり、英語だけでなく、スペイン語だったり、フランス語だったり、イタリア語だったり、様々な言語で書いてある本を、日本語に訳すのです。

 

自分、素人からしてみれば、翻訳の仕事は、英語なら英語が得意であれば、問題ないと思い勝ちですよね。

 

出版翻訳という業務の経験や、外国語に長けている必要があるほか、そういった出版翻訳には、日本語に長けていることが求められます。

関連ページ

翻訳についてその1
通訳の苦労その1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
トランスレーターの苦労その2
通訳の仕事その1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!