出版翻訳についてその2

出版翻訳についてその2

出版翻訳についてその2

 

出版翻訳は、翻訳業の中で、一番も日本語力が必要なのではないでしょうか。

 

なぜかと言いますと、各種タイプの本を日本語で表現するからです。

 

子供向けの本なら、子供向けの言葉で翻訳しなければなりませんし、文学に関する本なら、そのように日本語を使わなければなりません。

 

 

ロマンスの本であれば、読者の心を掴むような日本語を書くべきでしょう。

 

当然、推理小説もののもの、ミステリーもののものには、それに当てはまる表現があるわけです。

 

本には様々なタイプがありますから、それらのニュアンスを活かして、日本語にすること、これはとても耐え難いことなのです。

 

当然、読む側をもの語に誘い込む、また、夢中にさせる、飽きさせないようにする必要もあるでしょう。

 

 

日本語の力を飼うには、なんと言っても体験ですよね。

 

勉強をすれば、日本語は上手になると思いますが、勉強しても、知識を繰り返すだけです。

 

長く生きてこそ、各種ことを体験して、知識を繰り返すことが出来ます。

 

また、心も豊かになり、表現方法も重なるというものです。

 

その証拠に、年を取っても十分に出来る仕事ですよね。

 

実際に活躍している人達を見てもそんなに思うでしょう。

 

 

英語が得意だから、大丈夫としている人もいるようですが、英語と同じくらい日本語が得意でなければなりません。

 

年配の方々は、豊かな体験を活かし、いい翻訳を通しています。

 

ですから、翻訳の仕事の取り分け、案外、長く続けられるものです。

 

 

 

出版翻訳についてその3

出版翻訳についてその2

 

さて、出版翻訳の仕事は、良いことばかりではありません。

 

翻訳をする仕事は、人生において、長く続けられる仕事と言っても、その仕事の依頼が少なければ、当たり前ですが、収入につながりませんよね。

 

翻訳する仕事が来なければ、お金も入ってきませんし、生活費も稼げません。

 

そうなれば、長く続けたくても続けられませんよね。

 

 

出版翻訳の場合、入ってくるお金は、刷った部数の印税となります。

 

ですから、ベストセラーになり、ジャンジャン売れたら、その分の印税がどっさり入ることになりますが、そればかりを期待してもいけないですよね。

 

この点では、収入面で安定しない仕事だと当てはまると思います。

 

また、ういういしいうち、新人のうちは、経験も低いことから、そんなに大きな仕事の依頼はないでしょう。

 

ですから、収入に結びつくまで、多少の時間がかかって仕舞うこともあり、他で仕事をしながら、出版翻訳の仕事をすることになりそうです。

 

 

たとえば、英語の本を翻訳するとください。

 

一冊の本を英語から、日本語にする作業、それには、何ヶ月もかかります。

 

言ってみれば、その間は、収入がないわけです。

 

また、出版されても、印税が入ってくるのは先です。

 

これまずは、普段の生活費も出せませんからね。

 

 

でも、翻訳出版は先ほどお話したように、海外の知られていない本を日本人に読んで味わうという、やりがいのある翻訳です。

 

売り払えるような本を出せたのなら、次の仕事も期待できるでしょう。

 

また、トランスレーターとして名前を譲るチャンスでもあります。

 

 

 

放送翻訳について

出版翻訳についてその2

 

トランスレーターの仕事は、実際様々な方面で存在します。

 

たとえば、放送や映像関係の翻訳がありますよね。

 

メディアも伸び続けている現在ですから、この翻訳業はこの先もひろがりそうな仕事です。

 

 

では、放送や映像の翻訳には、具体的にどんな仕事がありますか?
みなさんがご覧になる、映画、これがその仕事のひとつですね。

 

英語で作られた映画は、みなさんも見たことがあるでしょう。

 

その際、字幕版の作品には、スクリーンの下に日本語が書かれていますよね。

 

あれは、トランスレーターのした仕事なのです。

 

また、同じように、DVDになった映画も、外国語で作られた作品は翻訳をする必要があります。

 

映画がDVDになった場合、映画館で見たものと同じ字幕が使用浴びることもあります。

 

ですが、また特に字幕をやりなおすケースもあるのです。

 

何で、そういった面倒なことをするのかと言いますと、劇場で映画を公開した時、その映画の権利を所持していた人から、別の権利者になっているケースもあるのです。

 

そうなれば、翻訳する作業を発注する人も無論、変わってきますよね。

 

権利が別の会社になれば、仕事をする人も変わりますし、発注先も違ってきますから、違うトランスレーターがすることになるでしょう。

 

 

本を訳すこととは、違って、映像関係などは訊く力が必要になります。

 

学生時代、英語の授業中に聞いたテープなど、あれがリスニング、または、ヒヤリング、というものですね。

 

曲に日本語の歌詞を塗りつける場合、外国語の歌詞がないケースもありますからね。

 

そんな時は、自分の耳で歌詞を聞き取るしかありません。

関連ページ

翻訳についてその1
通訳の苦労その1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
トランスレーターの苦労その2
通訳の仕事その1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
トランスレーターの仕事その2
出版翻訳についてその1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!