放送翻訳について続き

放送翻訳について続き

放送翻訳について続き

 

この訊く力、リスニングは、同時通訳の場でも必要になります。

 

聞いた言葉を直ちに日本語にするのです。

 

外人の方が話している、その側について、一気に通訳して、相手に伝えて出向く様子を見たことがあると思います。

 

英語を日本語に、直ちに日本語を英語にと、インタビューなどでは両方を通訳していかなければなりません。

 

このように、放送や映像関係での通訳は、語学能力だけでなくリスニング能力も重要ということになります。

 

 

また、放送翻訳と呼ばれている業務があります。

 

放送翻訳というものは、大きく分けてみると、ふたつの業務内容になります。

 

とりわけ、現場でする翻訳業務です。

 

これは、編集しているところ、または、放送しているテレビ局に行き、翻訳を行うのです。

 

たとえば、英語で話しているビデオを翻訳したり、文章を翻訳したり、場合によっては通訳をしたりします。

 

どれも現場で臨機応援に立ち向かう業務ですね。

 

 

そうして、もうひとつは、自宅で行なう翻訳作業があります。

 

おんなじビデオの翻訳も、請け負って、自宅でじっくりと翻訳するのです。

 

また、文書翻訳や、ときどきリサーチ業務も、自宅で立ち向かうことがあります。

 

日本も外国の通販番組や、英語のエクササイズビデオが流行っていますよね。

 

これは、みんな通訳が日本語に直しているから、私達はこんなものを喜べるのです。

 

 

ビデオ翻訳という業務をする際、ビデオにタイムコードが入っていますから、それを記録しながら、話していることを翻訳して行きます。

 

文章翻訳となれば、海外の新聞記事や雑誌、または、ウェブサイト、書ものなどを翻訳する仕事です。

 

 

 

英語がスキなだけでトランスレーターに生まれ変われるのかその1

放送翻訳について続き

 

「英語がスキですから、トランスレーターになりたい」、または、「英語が得意なので翻訳の仕事をしてみたい」としている方もいるでしょうね。

 

得意な分野を伸ばしてそれを仕事にすることは、ほんとに素晴らしいことです。

 

「スキこそものの、上手なれ」と昔から言いますが、興味を持っているもの、スキなもの、それを活かして仕事にすることは誰でも望んでいることだと思います。

 

では、英語がスキ、またはフランス語がスキ、スペイン語がスキ、この気持ちを持っていたらトランスレーターに生まれ変われるのでしょうか。

 

 

数あるトランスレーターの仕事の中で、実務翻訳という業務があります。

 

実務翻訳をする人は実務トランスレーターと呼ばれていて、この方たちは、他の翻訳の仕事から見て、たいしては仕事が安定していると言えます。

 

なぜなら、相対的に仕事の量が多く発生しているからです。

 

翻訳業界全体の仕事を10割としますと、その中の実務翻訳は、9割合なるとも言われています。

 

ですから、出版ものを翻訳して、印税がいらっしゃるまで一心に待ったり、その間、お金が入ってこなかったりする仕事とは少々違いますよね。

 

 

語学がスキであれば、そういった実務翻訳者の仕事も良いと思います。

 

ただ、翻訳者の名前が前に見つかる仕事ではないので、有名になることも難しいですが、安定した暮らしが出来るでしょう。

 

トランスレーターの仕事をしながら、それほどは収入が少ないので、家族に養ってもらっている人もいるようです。

 

また、翻訳をしながら、しかたなく、他のバイトを通じている人もいるようです。

 

出来れば、自分の仕事に集中望むですから、翻訳の仕事で食べて生きたいものですね。

 

 

 

英語がスキなだけで通訳に生まれ変われるのかその2

放送翻訳について続き

 

英語がスキ、言葉が得意なら、さすが、就ける仕事がトランスレーターだと思います。

 

ですが、無論、英語がスキ、というだけでは難しいです。

 

実務翻訳という仕事は、時代によって求められるものがなるので、それに対応できることが望ましいです。

 

実務翻訳の仕事で需要の多い業界と言うと、現在では、医療関係、IT関係、または特許に関する仕事です。

 

 

また、携帯電話の普及がすすむ今、モバイル関係の仕事も増えてきています。

 

そうして、年々、なる需要に、臨機応援に対応できる人が求められるため、翻訳の仕事も若々しい人材が必要とされる傾向にあります。

 

ですから、実務トランスレーターとしてデビューしたとしても、仕事をもらえる可能性が結構あるのです。

 

英語がスキで、それを活かした仕事に就きたいとしている方は、そういった翻訳の仕事も面白いのではないでしょうか。

 

 

そしたら、実務翻訳をしていく上で、専門知識も必要です。

 

先、医療関係、IT関係の仕事が増えているとお話しましたが、これらの知識がどうしても必要です。

 

なぜなら、専門分野の文章は、ただ読んだところで、一般人には理解出来ないからです。

 

これをわかりやすく、日本語にするには、その分野について知っているほうが良いです。

 

その専門知識は、本を読んだり、調べたりするだけで、簡単に身に付くわけではありません。

 

予め、この仕事をするには、人生経験が一番モノを言いますから、医療なら医療現場で、正に実務を通じて見ることでしょう。

関連ページ

翻訳についてその1
通訳の苦労その1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
トランスレーターの苦労その2
通訳の仕事その1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
トランスレーターの仕事その2
出版翻訳についてその1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
出版翻訳についてその2
放送翻訳について、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!