スピードラーニングについてその1

スピードラーニングについてその1

スピードラーニングについてその1

 

みなさんは、スピードラーニングという学習方法をご存知でしょうか?
有名なところまずは、株式会社エスプリラインと言うところが提案している教材があります。

 

月額制になっていて、英語を自宅で学ぶことが出来るリスニング教材です。

 

この会社の教材ですと、毎月1巻ずつ自宅に届きます。

 

そうして、自宅で学ぶのですが、学習が手っ取り早い方は期間を短く、そしてのろい方は期間を遅く、と、自分のスキなように期間を変更することも出来るのです。

 

確かに、忙しくて決して学習がもたつく人、次々進んで来月まで待てない人、各種方がいらっしゃるでしょうからね。

 

 

さて、このスピードラーニングとは、英語を聞き取る能力を強めるというトレーニングです。

 

毎日、毎日、英語を聞き流すだけで、英語のリスニング能力がアップします。

 

どうこの学習方法に注目が集まっているのかと言うと、通勤や通学時間として聞き流すだけという簡単な学習方法だからでしょう。

 

どこで訊くかはその人次第ですよね。

 

車の中なのか、家事の最中なのか、移動中の電車の中、バスの中、お風呂の中と、各種ライフスタイルに合った場所でスピードラーニングを行うことが出来ます。

 

 

今まで英語の教材というものは実に沢山ありました。

 

このスピードラーニングが、今までの英語教材と最も違っている点はどこでしょうか?
それは、昔からの英語の勉強方法である、文章の暗記、単語の暗記、文法の勉強、和訳など、これらを一切断ち切ることでしょう。

 

 

 

スピードラーニングについてその2

スピードラーニングについてその1

 

これらをせずに、スピードラーニングで英語が上達するのでしょうか?
この説明を聞いた方は不安になると思います。

 

ですが、これは本当にやってみた方の感想も、絶賛する声が多いことで、その効果があることが証明されているようです。

 

言ってみれば、「試験のための英語を勉強する」と言うより、英語に慣れるための学習方法でしょうね。

 

 

たとえば、英会話を習得したいとか、英語がしゃべれるようになりたいという方は、英語圏に住んで仕舞うことが一番の上達方法だと昔から言われていました。

 

また、英語圏の友達と共にいることや、英語を話すボーイフレンドや、ガールフレンドとお付き合いすれば、短期間に英語が上達すると思います。

 

これは、昔からちゃんという「習うより慣れろ」の精神によるものです。

 

確かに、英語の中にまるっきりと身を置いてしまえば、嫌でも英語が上達するでしょう。

 

 

「英語に慣れること」、これは、家にいても可能です。

 

それをかなえたのが、このスピードラーニングでしょう。

 

スピードラーニングは教材を聞き流しているうちに、次第と判るようになります。

 

それは、英語特有の周波数がポイントです。

 

 

みなさんは、ご存知ないかと思いますが、本当は日本語と英語では、その周波数が違っているのです。

 

周波数など、普段、気にしている人もいないでしょうから、気が付かないのは当たり前ですけどね。

 

日本の周波数に徹頭徹尾慣れてしまった私たちは、英語の周波数を聞き取ることが出来ません。

 

なので、この周波数を聞き取るトレーニングが出来る教材、スピードラーニングが良いのです。

 

 

 

スピードラーニングについてその3

スピードラーニングについてその1

 

また、購入後でも期日以内なら、返品出来るようになっているところが多いので、安心ですね。

 

返送料は購入者側が負担するようになっていることや、開封後は返品できないところがほとんどですので注意しましょう。

 

そうしたら、途中で解除することが出来るか確認しておいたほうが良いですね。

 

終わりたくなったら自由に断ち切ることが出来るか、確認しておきましょう。

 

 

また、教材を購入すると、如何なるサポートをいただけるのかも重要だと思います。

 

自分が掲げた目標を達成するためには、外人からのアドバイスとかほしいですよね。

 

たとえば、そのアドバイスや指導をいただける教材もあります。

 

 

ネイティブスピーカーなどが、その教材会社のスタッフとなっていて、そのサポートがいただけるというスピードラーニングの教材もあります。

 

また、ネイティブスピーカーとまさに会話できるレッスン料金も込みになっているところもあります。

 

スピードラーニングを学んだら、自分がどれだけ上達しているか、試してみたくなるのは当然です。

 

また、どこまで英語のヒアリングが出来るようになったのかだけでなく、話すことや英語の発音のトレーニングにもなりますね。

 

サポートの一般として、情報誌を発刊していたり、情報満載のメールが届いたりと、サポートの体勢も長々あるようです。

 

各種会社がありますから、自分にあったサポートをいただけるといいですね。

 

また、やっとあるサポートだから、自宅で教材を訊くだけでなく、そうしたサポートもどんどん使っていくと良いでしょう。