英語のリスニングについて

英語のリスニングについて

英語のリスニングについて

 

英語のリスニングって何の事か知っていますか?相手が言っている英語がわかる事、その意味を理解出来る事を指しています。
何とか聞き取りが出来ていたとしても意味までちゃんと把握出来ているかは分かりませんよね。
意味まで把握していくには英語をたくさん聞いたり、活字を掴む事が必要となってくるのです。

 

 

日本語と英語では発音の仕方が基本的に違います。
日本語では単独の音として扱うのに対して、英語だと複数の発音になるものが出て来ます。
「L」「R」「N」「M」等が代表的ですよね。
そういった音を連続して発音すると聞こえ方もなる事もあり、こんな変化に対応出来て聞こえる様になる事がリスニングにおいては重要なのです。
そうして聞き分けが出来なかったとしても前後の意味を考えると意味が分かったりする場合も手広く有ります。
要するに英語に対する知識が充分にあれば、聞き取りが相当出来なくても他で賄えるのです。
また意味も把握する事でリスニング力が全体的に付いてきたという事も言えます。
リスニングには今までの英語に関わる時間、聞いたり読んだりした期間や時間がレベル的にきつく関わってくると思うのです。
リスニングの力を付けていく為には、聞き取りが完璧じゃなかったとしても、それをどれだけ補う為の力が有るのか知識を塗る事も大切なのです。
ですから聞き取りが出来る事、意味が理解出来る事がリスニングの条件として言えるのです。
こんな事を踏まえてリスニング力を付けていく様にください。

 

 

 

英語のリスニングはとても大切です

英語のリスニングについて

 

日本人は英語を学校で勉強しているのに、英語を話せない方が凄く多いですよね。
こんな現象は日本位だと言われています。
英語を語れる様になるにはリスニングが重要です。
日本の学校で行われている英語の授業では掴む事と書く事が主体となっています。
英語を話す為には「聴く事」「話す事」「掴む事」「書く事」が絶対的に必要なのです。
今より英語を話す事が出来る様になるには、たくさんの英語を聴く事が大切となってきます。
会話は相手が言っている事を聞き取れなければ成り立ちません。
判るからこそ、意味も理解する事ができ、こちらも話す事が出来るのです。
聞き取れない音は理解出来ないのですから、言葉に出して話す事も難しいでしょう。
だからこそリスニングは大切なのです。

 

 

英語を勉強する際は、話す事より先に聞き取る事をざっと勉強していくと良いでしょう。
大スキなアーティストの新曲を覚える時って先ずは聞きますよね。
何回も聞いて覚えていくと思うのです。
それは目や手ではなくて耳で聞くという事。
そうして鼻歌混じりで口に出して歌って赴き、一概に覚えて行く様になるのです。
英語もそれとおんなじ、新しい歌だと見なしましょう。
何度も聞いて口に出していう。
こうする事でリスニング力をくっつける事が出来る様になっていくのです。
ですから英語にはリスニングがとても大切だという事になるのです。
こんな理由も有りますから、英語を勉強する際にはリスニングに力を入れる様にください。

 

 

 

英語のリスニングが出来るサイト

英語のリスニングについて

 

英会話が出来る様に英語のリスニングがしたいと思う人は多いでしょう。
ただし勉強する為に何かとお金として仕舞うのもほんのり嫌ですよね。
なので英語のリスニングが無料で出来るサイトというのがインターネットにいくつか有りますのでご紹介してみましょう。

 

 

【うだうだ】
有名英会話スクールのイーオンで行われているオンライン上で行える英語レッスンの事を指しています。
会員登録すると大杉正明さんのレッスンを受ける事も出来ます。
無料ですのでぜひ心がけると良いでしょう。

 

 

【ポッドキャスト】
結構有名なのがポッドキャストですよね。
インターネットには音声ファイルがたくさん公開されています。
それをダウンロードして聴くという方法になります。
音楽、ニュース、スポーツ、映画とジャンルも様々ですので毎日違う英語を聴けて楽しめますよ。
英語の発音が聴けるのでとても良いですよね。
オススメの聞き方としてはiPod等、携帯プレーヤーで聴くという方法です。
こうすると電車の移動時間とか空き時間に聴く方法です。
毎日通勤時間に聴く様にすると継続して聴く事が出来ますよね。
継続して聴く事で力を付けていく事が出来るのです。
無料で試せますのでぜひたくさん聴いてみてくださいね。

 

 

【イオン・イングリッシュワールド】
リスニングに役に立つ事が出来るメルマガが届きます。
これもスキル特別メルマガが有りますので自分で選ぶと良いでしょう。
小さな場合読める様に携帯で利用すると良いかもしれませんね。