会計ソフトとは

会計ソフトとは

事業を行う上で会社の規模には関係なく、会計業務を行わなければなりません。

 

この会計業務を効率的にできるように使われているのが「会計ソフト」です。

 

会計ソフトはいくつもの種類が販売されていて、テレビもその中のいくつかが宣伝されています。

 

会計ソフトはソフトによってそれぞれ特徴があります。

 

 

会計ソフトは、会社の月末の売り上げ集計、年度毎の決算集計を行う上で必要となる経理業務をパソコンで立ち向かうときに扱うソフトです。

 

使う人によってソフトの種類が用意されていて、個人事業主用や法人用あるいは個人事業主・法人用というものがあります。

 

ソフトとして行なうことは、日々の伝票入力や仕分け特別したものを元帳に転記する作業、月次の処理や年次の処理を行う上です。

 

ソフトが助けるので大幅にこれらの業務を軽減することができます。

 

ソフトにデータを入力して行くことで決算書などを出力できるようになります。

 

昔の手書きで行っていた出納帳では、簿記の知識がなければ探ることができませんでした。

 

ただし会計ソフトを使えば入力の手助けを通じてくれるので、入力のやり方を覚えれば簿記の知識がなくても考えることができるようになりました。

 

 

やはり簿記の知識を所持している人も経営戦略に取り扱うため、税務申告に取り扱うためだけに使う人もいます。

 

会計ソフトには高度な機能を備えたものや簡易的な機能しか備えていないものがあり、それぞれの目的や能力によって選び使い分けることができます。

 

 

 

ソフトのメリット

具体的に会計ソフトを使うメリットをご紹介します。

 

一番のメリットはともかく会計ソフトを使うことによって経理業務を簡略化出来るということだと思います。

 

会計ソフトを使わなければ現金出納帳や伝票などをすべて手書きしなければなりません。

 

また計算も電卓を使って行なうことになり、時間もかかりますし計算間違いする可能性も高くなります。

 

会計ソフトを使うことで残高を集計しなくても自動的に計算して入力されますし、仕訳もされます。

 

そのため計算間違いも起こり辛くなるのです。

 

 

ますます凄いことに入出金伝票や振替伝票を始めとして複数ある伝票をどの画面からでも入力することができて、1つの伝票に情報を入力すれば他の伝票にも自動的に計算して転記することができます。

 

そのため現金出納帳や分析表、決算レポートなどもすべて自動的に生まれます。

 

消費税などの税金に関しても自動的に計算されるので税法や会計に関しての知識がなくても会計ソフトが計算を自動的に行ってくれるから安心です。

 

 

続いてのメリットは財政状況を自分で把握出来る点にあります。

 

会計ソフトを使わないと、伝票を会計事務所に渡して集計を依頼することになると思います。

 

その場合依頼手数料もかかりますし、時間もかかってしまいます。

 

ただし自分で情報を入力するとなると、財政状況や利益などを把握しながら早く立ち向かうことができます。

 

 

次のメリットはコストを削減出来る点にあります。

 

会計事務所に経理業務を依頼していると毎月顧問料や記帳代行料などが必要になります。

 

会計ソフトを使って自分たちで作成すれば、この費用を削減することができます。

 

 

 

ソフトのデメリット

いくつかのメリットがある一方で会計ソフトを使うことでデメリットも生じます。

 

会計ソフトを使うということは、ソフトにすべてデータを入力していかなければなりません。

 

従来は費用が陥るとはいえ、会計事務所に伝票を渡して終わっていたものが、自分たちで毎日データを入力しなければならないので入力の手間が繋がるというデメリットがあります。

 

グングン会計ソフトを使うにはパソコンを使うわけですから、簿記の知識の他にもパソコンの知識や技術が必要になることもデメリットとして言えると思います。

 

 

続いてのデメリットとしては会計ソフトを導入することによるコストについてです。

 

会計ソフトを使うには、前もってソフトを購入してパソコンがない場合、パソコンも購入しなければなりませんしパソコンの周辺機器も一式取り揃えなければなりません。

 

予めパソコンや周辺機器を一式持っている場合については、会計ソフトを購入するだけで済みます。

 

 

いまひとつのデメリットはサポート体制についての不安が挙げられます。

 

従来のように会計事務所に依頼している場合には、伝票や帳票の内容について疑問点があれば会計事務所に問い合わせをして解決することができますし、アドバイスを受けることもできます。

 

ただし会計ソフトにおいて自分で作成する場合には、マニュアルを見ながら自分で考えることをしなければなりませんからサポート体制がかなり乏しいことになるのです。

 

このように便利なようでも実際にはいくつか不便な面があり、どちらがいいのかは会社の規模、人員にかかる費用と会計事務所への依頼料の差にて違ってきます。

 

断じて会計ソフトを使う方がコストダウンできるということではないのです。

 

 

 

選び方

では実に会計ソフトを使うことになったとして、いくつかある会計ソフトの中からどれを選べばいいのか、選び方のポイントを紹介します。

 

とりわけ簿記の知識がどれくらいあるのかによって選ぶ会計ソフトも変わってきます。

 

簿記の知識があって仕訳が尽きる場合は複合仕訳や伝票入力が出来るタイプの会計ソフトを選ぶといいと思います。

 

簿記の知識はないという場合は、データ入力が出来る帳簿入力タイプの会計ソフトを選ぶといいと思います。

 

 

また会計ソフトの勘定科目や補助科目にも注目した方がいいと思います。

 

勘定科目や補助科目数などは必要万全数あるので、先ず追加した科目は削除できないといった機能を持つソフトもあります。

 

選んだソフトのこのような機能をチェックして選ぶようにした方がいいと思います。

 

 

個人で取り扱う場合や小規模企業で部門や支店がない場合、会計ソフトの中に部門設定機能がついている必要はありません。

 

このような機能がないものを選べばいいと思います。

 

ただし仮に個人でも部門や支店を今後増やしていく方針ならば、部門設定機能がある会計ソフトを選ぶことをお勧めします。

 

 

会計ソフトには個人対応と法人対応と両方に対応した3つの種類があります。

 

一般的には利用者に合わせたものを選びます。

 

但し今個人でも将来的に法人を目指し示すのであれば両方に対応したソフトを選ぶことをお勧めします。

 

会計ソフトを購入する際にはこのようなポイントに注意して選ぶようにください。

関連ページ

会計ソフトの比較
会計ソフトの比較4、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
勘定奉行
勘定奉行i、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
弥生会計
弥生会計2、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
やよいの青色申告
経理じまん、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
フリーソフト
経理システム、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
Inage式会計帳簿
会計王、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
ミロクのかんたん法人会計
販売らくだプロ、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
みつも郎
実務能力試験、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!