勘定奉行

勘定奉行

会計ソフトの三本柱に入る人気商品の「勘定奉行」について紹介します。

 

発売元はOBCです。

 

今回は個別原価管理編についてです。

 

勘定奉行21の機能制限版であるJシステムは標準価格84,000円。

 

導入+日常1と2+消費税の管理資料+随時処理が入っているAシステムは157,500円。

 

Aシステムにグングン分析処理を足したBシステムは210,000円。

 

Bシステム+Super+分散処理したSuperシステムは262,500円。

 

Superシステムに内訳書や概況書作成システムを足したProSuperは346,500円です。

 

 

管理出来る会社の件数は9,999社です。

 

Jシステムの場合は10社になります。

 

総勘定科目数は最大で1,000科目となります。

 

仕訳件数も自動仕訳も無制限です。

 

入力方法は仕訳伝票入力や仕訳帳入力、現金出納帳入力や元帳入力があります。

 

伝票入力では仕訳伝票の入力桁数が最大250行まで立ち向かうことができます。

 

見た目にも仕訳伝票をイメージ出来るリアルイメージで伝票を表示しているので入力がしやすいです。

 

振替伝票の場合、OBC形式やコクヨ形式から選ぶことができます。

 

よく取り扱う仕訳は登録しておくことで自動仕訳機能を使うことができて便利です。

 

また作成した集計結果をEXCELに張り付けることが出来るためパソコン上で別のアプリケーションを通じて引用することができます。

 

 

勘定奉行は簿記経験者向けの会計ソフトです。

 

会社の規模でいうと、中規模以上向けの会計ソフトです。

 

管理帳票の種類が多いこととグラフの見やすさが魅力です。

 

一方仕訳辞書の使い勝手は他のソフトよりも悪いです。

 

この勘定奉行は日本で販売されている会計ソフトの中それでもトップシェアを誇っている人気ソフトです。

 

テレビでCMされていることもありその知名度はとても厳しいものです。

 

機能についても安定してありリライアビリティも良いので評価が高い会計ソフトです。

 

しかしCMしていることもあり、他の会計ソフトよりも若干価格がお高いのが難点です。

 

 

 

勘定奉行NETWORK

会計ソフトの中でネットワーク対応のモデルとして勘定奉行iシリーズの「奉行i NETWORK」があります。

 

社内におけるネットワーク運用や拠点間同士での運用をすることができます。

 

導入実績が多くリライアビリティのあるネットワーク環境の構築をすることができます。

 

 

奉行iシリーズの中で「NETWORK Edition」の場合、複数の端末から一気に入力することができて一括処理をすることができます。

 

業務を効率化することができ、業務処理のスピードアップを企てることができます。

 

社内のLAN環境で取り扱うことはやはりできますし、遠隔地の場合拠点間のWAN環境においても扱うことができます。

 

 

企業の成長に合わせた会計ソフトの導入、ネットワークの拡充にも合わせた導入をすることができます。

 

スタンドアロン版の会計ソフトからネットワーク版の会計ソフトへ拡張することができます。

 

またクライアント数を増したり、社内ネットワークによって遠隔地利用を行ったりするなど、企業の成長、ネットワークの状況に合わせてスケールアップすることができます。

 

 

この奉行シリーズの導入実績はネットワーク版の場合58,400社で、新ERP版の場合7,800社と何やら多くあり、それゆえに安心して利用することができます。

 

何とかネットワークで運用するという会社もおまかせです。

 

このビックネームと導入実績で、企業側も安心して勘定奉行を導入することができます。

 

因みに新ERP版というのは、ハイグレードな会計ソフトのことで、カスタマイズに対応している奉行iシリーズのカスタマイズモデルです。

 

 

 

勘定奉行i

充実した機能と使い勝手のいいわかりやすさを備えている会計ソフトの代名詞とも言える存在の「勘定奉行」から「勘定奉行i」の紹介です。

 

会計ソフトの導入実績最高峰です。

 

勘定奉行iにおいては機能強化にあたった3つのポイントを挙げています。

 

一部目はわかりやすさや処理機能を充実させることです。

 

日常業務を一層効率よく少ない時間で望めるように抜群のわかりやすさを駆使しました。

 

管理レベルも強化されてあり会計データの入力を行いやすくしています。

 

2つ目はその管理レベルを強化したことです。

 

科目や部門、者といった定型的視点の分析精度をアップさせることによって、テーマや傾向の把握を行うことができます。

 

3つ目はマネジメント視点についてです。

 

企業側からの独自の視点によって会計データを分析できる機能を塗り付けました。

 

企業が経営において判断するスピードを大幅に向上させることができます。

 

 

勘定奉行iでは、財務の会計業務は当然のことながら予算管理などの管理やマネジメント業務の機能まで標準搭載しています。

 

仕訳データを外部から取り入れたりオプションシステムと連携をはかったり、拡張性が高くなっています。

 

ログ管理や利用者権限も設定しているのでセキュリティ面でも安心して取り扱うことができます。

 

勘定奉行iの会計ソフトを使うことによって、財務会計業務が効率化されて会計データを集計、分析することによってあらたな活用を行うことが出来るのです。

 

このように利用者に満足してもらえる機能もセキュリティも充実していることが人気の理由だと思います。

関連ページ

会計ソフトとは
選び方、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
会計ソフトの比較
会計ソフトの比較4、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
弥生会計
弥生会計2、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
やよいの青色申告
経理じまん、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
フリーソフト
経理システム、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
Inage式会計帳簿
会計王、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
ミロクのかんたん法人会計
販売らくだプロ、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!