単身赴任は突然やってくる

単身赴任は突然やってくる

冬から春にかけての季節は、毎年多くの人にとって転機となります。

 

たとえば、学生であれば学年がひとつのぼり、一段と高度な授業が待っています。

 

また、クラスが変わり心機一転新目標を掲げたり、これまでとは違うコミュニティを築いたりしますね。

 

小中高の卒業生であれば、次の学校へ進学ということになります。

 

学年が変わること以上に、大きな節目となることは間違いありません。

 

大学4年生、或いは院生として2年以上過ごした人、そして予備校生や専門学校生にとっては、アダルトとなる重要な時期です。

 

社会人に生まれ変われるかどうか、あるいはいまや内定が決まっている人にとっては、社会人としてどうしてふるまうべきかなど、様々な悩みを抱える時期といえるでしょう。

 

 

そうして、これはアダルトであっても例外ではありません。

 

期末のある3月は、殊更忙しない時期となります。

 

ここで踏ん張れるかどうにかがその会社の、あるいは個人としての転機になるかどうかの分かれ目となるかもしれません。

 

 

どんどん、サラリーマンの人にとっては、これらとはまた違う転機が存在しています。

 

それは、異動の可能性です。

 

人事が発表され、部署を異動する可能性があるのは、この時期が最も大きくなります。

 

それに与え、別の子会社や関連会社等へ移る可能性もあります。

 

もしもその場合、既婚者であったならば単身赴任ということになります。

 

 

単身赴任になるケースは、大抵の場合突然の辞令で通告されます。

 

そういったケースでも、慌てずしっかりと生活をして出向くためには、いつも準備を通じておく必要があるでしょう。

 

 

 

単身赴任と会社、家族

サラリーマンであれば、誰でも転勤の当事者になる可能性を携帯しています。

 

その場合、単身赴任として独自職場のある地域へ引越しをしなくてはならなくなる可能性もあります。

 

ただ、こればかりはどうしようもありません。

 

会社の人事に対してもの申すことは、一介のサラリーマンには許されません。

 

余程の事情があったとしても、ほとんどのケースでは、通知を通して粛々と異動をすることになります。

 

現に、国内の会社の9割以上に単身赴任者がいるという現実を考えると、自分に我が身に降りかからないという保障は、どこにもないのです。

 

 

単身赴任者の割合は、会社員のおよそ30人に1人の割合と言われています。

 

パーセンテージとしては少々3%ですが、人数に換算すると概ね100万人となります。

 

なかなかそれだけの数の単身赴任者がいる理由には、会社における転勤の仕事が挙げられます。

 

転勤の多くは、活性化であったり、適材適所を目的としたチェンジであったりと、会社にとって必要なこととなっています。

 

そのため、前もって転勤の可能性を示唆する文言等が雇用契約書等に盛り込まれているケースも少なくありません。

 

従って、会社ではたらく人にとっては、辛い環境に身をおくことになってもそれを拒否するのは酷いのです。

 

 

仮に単身赴任が決まった場合は、家族へ最初に打ち明けることになります。

 

夫が独自家を去る場合、子供がいるかどうかという点も非常に大きくなります。

 

そういうことも含め、早めに家族に打ち明けて話し合いをすることが必要です。

 

 

 

単身赴任の住まい

仮に単身赴任をすることが正式に決定したならば、早めに気持ちを入れ換えることが重要となります。

 

家族の問題や、生活への不安など、問題は山積しているでしょう。

 

ですが、悩んでいてもそれらはそんなに解決しません。

 

行動することで、ひとつひとつクリアして行くしかないのです。

 

 

単身赴任をするにあたって、ひとたび決めておかなくてはならないのが住まいの問題です。

 

最新職場へ異動するわけですから、その職場に通うための拠点となる第二の我が家が必要となります。

 

さすが、賃貸ということになるでしょう。

 

会社に寮があるケースであれば、経済面によっても入寮することをお奨めします。

 

ただ、それほど都合よく寮があるとは限りません。

 

その場合は、自分で新しい我が家となるもの件を探さなくてはなりません。

 

 

単身赴任先の住まいは、可能であればすぐに見つけ、早めに契約ください。

 

異動が言い渡される時期は3〜4月、9月、年末が多く、他にも多くの人達が引越しをするであるためです。

 

当然、有難いもの件は速い者勝ちです。

 

余り余裕はない、と言って良いでしょう。

 

できれば異動の通知があった後、家族と話し合いをしたあとあとすぐにもの件を見つけ出すのが素晴らしいですね。

 

 

インターネットを使えば、家からももの件を編み出すことは可能です。

 

ただ、ホームページの情報だけでは実に見つからないのも現実です。

 

できれば有休を取ってでも早めに現地へ飛び、現地の不動産書籍を買ったり、不動産屋を回ったりした方が良いでしょう。