住まいの条件は吟味しよう

住まいの条件は吟味しよう

最新勤め先の住まいの条件として最初に考えるべきことは、前もって家賃でしょう。

 

単身赴任をするほとんどの人は、現在の家のローンが残っていたり、あるいは借家や賃貸に住んでいて毎月家賃を支払っている環境に身を置いていることが多いでしょう。

 

単身赴任中、それらのコストがかからないのであれば別段問題はありませんが、当然ながらそういったわけにはいきません。

 

 

もちろん子供がいる場合は、その養育費や学資など、様々なお金がかかります。

 

その中で、単身赴任先の住居に意外とお金はかけられないというのが、ほとんどの人に共通する問題と思われます。

 

自分の給与、そして手当等を含めたひと月の収入の中からしっかり予算を組み上げ、単身赴任先の生活費等を算出した上で、住居にどれくらいお金を回せるかを決めておきましょう。

 

予算を決めておけば、最新住まいを捜し出す際にかなりもの件を絞れます。

 

 

この他の条件として重要なのは、ライフですね。

 

さすが、新しい土地での生活となります。

 

従って、その地域にはどんな特色があるのかということは、あまりわからないのが通常の単身赴任のパターンのため、地域色で選ぶということは難しいでしょう。

 

ですが、もの件を吟味する際にそこがどのような環境なのかということは、ある程度調べられます。

 

 

たとえば、騒音があり、深夜にはかなりやかましいなどというケースも十分考えられます。

 

また、空き巣が多い、車上あらしがいるなどということもあり得ます。

 

そういったマイナスの情報は随分入手するのがしんどいものだが、インターネット等で賢く探せば探せる可能性もあります。

 

騒音に関しては、自分の待ち望むもの件の近所のホテル等に一泊して周囲をチェックすることもできます。

 

何年その勤め先ではたらくかは人それぞれだが、ある程度長い期間の場合は、事前にそれくらいしていても損はないでしょう。

 

 

 

勤務先との距離も重視

単身で向かう新しい職場の拠点となる住居を選ぶ場合は、住まいとその職場との位置関係も考慮しなくてはなりません。

 

それは多々いうと、距離です。

 

通勤する上で、この距離は非常に大きな意味を持ちます。

 

 

通勤時間がどれくらいなら許容できるかということは、基本的に人それぞれですね。

 

ですが、さすがに2時間以上と変わると、多くの人が難色を示すでしょう。

 

できれば1時間以内で出向ける範囲内で見い出したいというのが、共通の認識ではないでしょうか。

 

そのため、前もって新たな仕事場との距離を確認し、駅までの距離、駅から会社までの距離を調べて、通勤時間を計算しておきましょう。

 

 

一般的に、住まいを選ぶ基準として通勤にかかる時間を並べる場合、多くの人が「半以内が理想」としています。

 

最寄り駅までの距離を重視する人も手広く、その場合は15分以内というのが目安になっているようです。

 

これらの条件を満たすもの件を賢く作ることができるかどうかで、単身赴任ライフの充実度もなるかもしれませんね。

 

 

また、会社との距離以外の条件として、コンビニやスーパーが間近い、レストランが充実している等の条件を重視する人が多いようです。

 

生活の基盤となるこれらの施設は、自分になったことで非常に重要性が出るということですね。

 

それほど、食事面では弁当やカップラーメン、あるいは外食に頼るケースが広がるので、これらの施設の有無は単身赴任者にとってはかなりの重要課題です。

 

 

 

社宅のメリット

仮に、単身赴任者用の施設がある場合は、その施設を利用することも選択肢に入れておいたほうが良いでしょう。

 

多くの企業、別に中堅の企業に関しては、ほとんどの所が単身赴任者等を対象とした借上げ社宅を用意しています。

 

独身者のための施設としても機能しているケースが多いため、必ず単身赴任者が閉じ込めるとは限りませんし、定員に達しているために入ることができないに関しても考えられますが、問い合わせて見る価値は十分にあるでしょう。

 

 

近年、社宅の形態は多様化しています。

 

借上げ住宅や社員寮の他にも、単身赴任者専用の寮が用意されているケースもあります。

 

単身赴任者はそんなふうに多くはないので、もしも専用の寮があれば、かなりの確率で入寮出来るでしょう。

 

とはいえ、現にその専用寮を用意している企業は全体の10%にも満たないのが現状なので、それでは問い合わせて確認することをオススメします。

 

 

単身赴任者が新たな地での住居に選ぶ形態は、借上げ社宅が甚だ多いようです。

 

家賃や立地条件の良さが決め手となっているようですね。

 

社員寮にも、多くの単身赴任者が入寮しています。

 

寮の場合は共同生活に間近い形になりますが、プライバシーはしっかりと確保できますし、通常のマンションとそれほど大きな違いもないので、基本的には最適施設といえますが、若年層を中心に、近年まずは寮離れが進んでいるという現実もあります。

 

 

それ以外では、一般賃貸住宅が多いようです。

 

また、単身赴任及び単身者専用のマンションという選択肢もあります。

関連ページ

単身赴任は突然やってくる
単身赴任の住まい、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!