単身赴任の辞令のタイミング

単身赴任の辞令のタイミング

住まいとなる所を決めるも、準備をするも、ひとまず肝心なのは、どのタイミングで単身赴任の通知が出されるかということですね。

 

単身赴任の辞令は、丸々赴任先の住居等を決める期間にもつながってくる。

 

従って、どれくらいのタイミングでおっしゃるかということを念頭に置いておかないと、本当に通知を出された際に慌ててしまう。

 

 

単身赴任の辞令が出るのは、まさに赴任を迫られる一月前以内がほとんどです。

 

それも、ひと月前であれば大層善良で、実際には2〜3週間前くらいのタイミングでいきなり出されるのが一般的です。

 

状況によっては、1週間前に出されることもあります。

 

 

単身赴任を言い渡される場合はひとまず内示があり、その次に辞令があります。

 

内示は強制ではなく、打診というもので、辞令が下るとそれは強制となります。

 

ただ、内示の時点で異議を申し立てても、大抵の場合は割り切れることはありません。

 

従って、内示が実質的な辞令と考えても差し支えはないでしょう。

 

 

内示が出るのは、主にひと月前です。

 

辞令よりは素早く来るケースが数多く、内示が出た1〜2週後に辞令が出るというパターンが一般的です。

 

そのため、ひと月前に自分が単身赴任をすることになるということが判明します。

 

 

一月前から準備を始めれば、住まいの決定や引越し準備などは、ある程度しっかりできるでしょう。

 

ですが、中には2週間くらい前のタイミングで内示を醸し出す企業もあります。

 

特に、大企業は内示、辞令共に伸びる傾向があるので注意が必要です。

 

 

 

単身赴任の準備

本当に内示、辞令を出され、単身赴任が決定し、ある程度住まいの目処が立った後は、いざ引越しの準備です。

 

この時、家族で引越しする場合と、単身赴任で引越しをする場合とでは、何かと異なってきます。

 

 

意外と、用意するものをしっかりとチェックしましょう。

 

最初に、「転出届」を用意しておきましょう。

 

転出届は、現在住んでいる市区町村で得ることができ、期間的には赴任の2週間前から受け取り可能です。

 

 

その後、「転入届」「住民票」の2つを用意することになります。

 

転入届は、新居となる市区町村でいただける。

 

こちらは、赴任後2週間以内にもらいに行くことになるので、忘れないように覚えておきましょう。

 

住民票も同様に、新居となる所でもらう必要があります。

 

事前に、何通必要かもチェックしておきましょう。

 

 

基本的に、転入前より転入後に立ち向かう手続きの方が多くなっています。

 

たとえば、車庫証明や運転免許の住所変更も、基本的には転入後に行います。

 

自動車登録や原付自転車登録も同様です。

 

一方、電気やガス、水道などのライフラインはちょっと複雑です。

 

電気、水道は、現在住んでいる旧居の管轄局に申請が必要です。

 

そうしてガスに関しては、新居の管轄局に頼む必要があります。

 

 

インターネットは基本的に新居に移ってからとなりますが、もし住まいが早めに決定した場合は、早めの契約しておくと良いでしょう。

 

引っ越しのいずれアッという間に使いたい場合は、予め入居日と開通日を合わせておきましょう。

 

 

 

単身赴任の生活必需品

手続きと併行し、単身赴任の準備として必要となるのは生活七つ道具の用意です。

 

ある程度のものは、今や家にある物を以て所持していけば良いのですが、場合によっては購入が必要なものも出てきます。

 

ただ、現地で買えば次いで可愛い、という考えは決して欠けるほうが賢明です。

 

余計な出費をしないためには、所持していくもの、所持して行かないものを事前に決め、購入は最低限に抑えた方が良いでしょう。

 

 

単身赴任先で必要な生活七つ道具には、一旦就寝時に使用するベッド、布団、枕といった寝具関係が挙げられます。

 

枕や布団は、現在使っている物を所持していって問題ないでしょう。

 

ベッドは、持ち運びが簡単な折り畳みタイプだとすれば問題ありませんが、難しい場合は現地で購入した方が良いですね。

 

 

自炊をする場合は、台所用品が必要となります。

 

お皿やコップ、箸などは所持していっても構いませんが、単独分を想定する場合は転入先で購入したほうが良いでしょう。

 

鍋、フライパン、やかんなどの台所用品は旧宅も使用するので、必然的に現地購入となります。

 

お風呂周りのものに関しても、消費ものが中心なので現地購入が基本となるでしょう。

 

 

テーブルや椅子などは、お気に入りのものが旧宅にあるならそれを所持して行った方が良いかもしれません。

 

使い慣れたものがちょっとくらいはあった方が、落ち着くのが早くなるからです。

 

ただ、あまりに大きいテーブルの場合は、ちょい控えたほうが良いでしょう。

 

 

固定電話は、単身赴任先では最も必要はありません。

 

携帯電話で十分です。

 

 

 

単身赴任の家電必需品

生活七つ道具同様、単身赴任先で揃えなくてはならないのが家電製品です。

 

家電製品は高額ものが多いので、できれば現在住んでいる家から持って行きたいところですが、共用品も多いので、結構それが叶わないのが現実です。

 

 

まずテレビですが、これは自室にある物を持っていっても差し支えありませんね。

 

ただ、地デジにまったく対応していなかったり、ずいぶん古臭いという場合は、単身赴任を機に置きかえても良いかもしれません。

 

一人暮らしなので、いまいち大きなテレビを購入する必要はないでしょう。

 

 

クリーナーは、コンパクトサイズのものを購入すれば十分です。

 

魅力がか弱いのはイヤだというこだわりがない場合は、クリーナー規模のものそれでも問題ないでしょう。

 

洗濯機も最低限の容量で十分です。

 

社宅の場合は、共用で利用出来る洗濯機が置いてあるケースもあるので、あらかじめ聞いておいたほうが良いでしょう。

 

 

クーラーやエアコンは、マンションやアパートを借りる場合や社宅に住む場合は気にしなくても大丈夫です。

 

ほとんどのケースでは、いまや設置してあります。

 

扇風機やコタツは、自前で用意しましょう。

 

家に予備の扇風機等があれば、それを持って出向く方が経済的です。

 

自炊する場合は、炊飯器も購入する必要があるでしょう。

 

最近は極めて種類が豊富になっているので、選ぶ楽しみもあります。

 

 

パソコンは、ノートの場合は問題ないでしょう。

 

デスクトップの場合は、中身だけHDDやフラッシュメモリ等に移し、予備のノートを単身赴任先へ持って行くなどの方法を採れば、コストは最小限で済みます。

関連ページ

単身赴任は突然やってくる
単身赴任の住まい、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
住まいの条件は吟味しよう
社宅のメリット、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの方法
引越しにかかる費用、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の初期費用
単身赴任者の所持品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
レンタル品、リサイクル品を利用しよう
単身赴任者の平均年齢、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任者の赴任年数と職種
単身赴任手当の種類、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの際の支援額
単身赴任と住民税、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任とメンタル
海外への単身赴任、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!