引越しの方法

引越しの方法

引越しをする際、多くの家庭では車を使います。

 

もし知り合いにトラックを持っている人がいれば、それを借り上げることも視野に取り入れるでしょう。

 

ただ、たとえば資格を持っている人が家族にいない場合、あるいはそういったツテがない場合等は、われわれだけで引越しをするのは容易ではありません。

 

その場合はプロの引越し会社に依頼し、全部してもらうという方法を採るでしょう。

 

引越しの規模や、距離も著しく影響してくるので、引越しの方法はおしなべてこれが良いとは言えません。

 

 

そんな中、単身赴任の引越しの場合はどうでしょう。

 

ほんとに、あてに出来るのは会社です。

 

単身赴任者の多くは、われわれで引越しの作業を全部したり宅急便等を利用したりするのではなく、意外と会社に相談をします。

 

単身赴任の場合、荷物が少ないのでわれわれだけでできそうなイメージはありますが、どうしても大きめの家具やベッドなどを運ぶのはそんなに簡単なことではありません。

 

例えトラックを手配できたとしても、トラックまで家具を運び、またトラックから降ろして最新住まいに運ぶのはかなりの重労働ですし、時間もかかります。

 

 

会社にお伺いを立てた場合、大抵は引越し会社を紹介してもらうことになります。

 

社員の引っ越しを伴う異動がある会社まずは引越しの指定会社があることが多く、会社の口利きである程度費用を抑えて…というパターンが最も多いようです。

 

辞令が下って直ちに引越しについてが多いので、こういった方法が浸透しているのでしょう。

 

 

 

引越しにかかる費用

いくら会社に紹介された引越し業者を利用するとはいえ、さすが無料とはなりません。

 

従って、引越しには相応の費用がかかります。

 

また、自分達だけで引越し出来る環境の場合それでも、それなりの費用は必要となるでしょう。

 

具体的に単身赴任の引越し費用はどれくらい要るのかをみていきましょう。

 

 

先ず、業者に依頼する場合。

 

トラックの手配が必要な程に大きな荷物を携帯して行く場合は、相応の費用がかかります。

 

ただ、たとえば一家で引越しするときのような大きなトラックが必要なケースというのは、一旦ないでしょう。

 

トラックといっても、ひときわ少ないトラックの手配ということになります。

 

その場合は、2万円以内で可能可能です。

 

基本的に、単身赴任者の引越しはそれくらいの額で収まります。

 

ただし、距離が離れている場合は話は別です。

 

どんなに離島への引越しとなれば、無論船代もかかります。

 

その場合は、5万円を激しく通り抜ける可能性も否定できません。

 

 

それに対し、自分達で引越しをする場合は、どれくらいの費用が必要でしょう。

 

いくら単身赴任とはいえ、ともかく友人等、自分達以外にも人を頼んだほうがスムーズに済みます。

 

その場合は、アルバイト料としていくらか支払ったり、食事代を吐出したりするお礼が必要です。

 

それらの雑費で、取り敢えず10000円程度は見ておく必要があるでしょう。

 

一段と、燃料代もかかります。

 

ガソリン代がどれくらいかでも変わってきますが、ある程度の距離の引越しであれば、1〜2回の給油は必須です。

 

それも計算に入れておきましょう。

関連ページ

単身赴任は突然やってくる
単身赴任の住まい、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
住まいの条件は吟味しよう
社宅のメリット、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の辞令のタイミング
単身赴任の家電必需品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!