単身赴任の初期費用

単身赴任の初期費用

辞令が下り、引越しの目処が立った場合、今度は単身赴任をするときの費用に関してもしっかりと確認しておく必要があります。

 

とりわけ初期費用に関しては、まとまったお金が必要です。

 

どのくらいの費用が必要かを割り出し、お先に銀行等からおろしておくと良いでしょう。

 

 

単身赴任の初期費用として必要なのは、引越しの費用、生活・家電製品の新規購入費、入居ときの家賃や敷金、そして雑費です。

 

ほんとに、引越しの費用は距離や規模によって異なりますが、2〜5万円を見ておくと良いでしょう。

 

次に、各製品の購入費用です。

 

とにかく必要となるのは、冷蔵庫とクリーナー、洗濯機、テーブル、ベッドといったところですね。

 

カーテンがない場合は、カーテンも必要となります。

 

現地のお店の相場にもよりますが、これらをまとめて大体7〜10万円くらいで購入できるので、この範囲で計算しておくと良いでしょう。

 

テレビやパソコン、あるいはインターネット接続が必要な場合などは、そこに加算していきます。

 

テレビは、一人暮らしであれば22型くらいのサイズでも十分なので、2万円台で購入可能です。

 

パソコンも、ノートなら4万円あれば十分買えます。

 

 

家賃関連に関しては、最新住まいがどれくらいの家賃かで決まります。

 

相場としては、単身赴任先の家賃は大体2〜8万円くらいです。

 

寮などがあれば、結構抑えられるでしょう。

 

敷金も、それぞれあったりなかったりですが、ある場合は家賃の1〜3倍となります。

 

雑費はさほど嵩むケースが多いので、幾らか多めに見ておきましょう。

 

 

 

単身赴任の生活費用

初期費用の算出と共に、単身赴任先での生活費に関しても計算しておくと良いでしょう。

 

生活費は、真に生活してみないとわからないという人も多いかもしれません。

 

ですが、ある程度はシミュレートしておいた方が準備を整え易くなります。

 

殊更、最初の一月、一年の生活費に関しては、ある程度の予算を組立てる上でも大きな指標となります。

 

 

単身赴任者の場合、衣食住といった生活費用は、本当は案外かかりません。

 

衣料費は、当然ですが男性と女性それでは激しく異なります。

 

女性の場合はここがネックになりますが、男性の場合は年間それでも1〜3万円程度で十分減るでしょう。

 

単身赴任者のほとんどは男なので、この点は問題ありませんね。

 

 

食事に関しても、自炊か外食かで大きく変わってきます。

 

昼食に関しては、社員食堂で安く終える方法もありますし、それ以上に控えることも可能です。

 

一日500円、月に15,000円くらいで押さえ付ける単身赴任者も多いくらいです。

 

実際には、3万円程度を見ておくと良いですね。

 

帰省する場合はその分を引き落とせるので、その点も考慮しておきましょう。

 

 

住居費に関しては、それぞれの住まいの家賃が丸ごとあてはまります。

 

社員寮などであれば、大層安く済むでしょう。

 

光熱費も、最小限で抑えられると思われます。

 

 

単身赴任者の生活費用で意外とかかってしまうのが、交際費です。

 

最も赴任してある程度の間は打ち上げ等に参加する機会が相当多いので、月10000円程度は見ておく必要があるでしょう。

 

また、車代も当然必要となります。

 

自分の住まいから会社に通う費用、帰省する費用などをあらかじめ計算しておきましょう。

 

これらを基に、平均で10〜14万円が単身赴任者の生活費と言われています。

 

 

 

単身赴任者の所持品

用意する生活用品や家電用品がある程度決まったら、リスト化しておきます。

 

実際に赴任先にたどり着く前に購入する物と、着いた将来購入する物に分けておくと、ますますわかりやすいでしょう。

 

現在は、家電製品等も通販で手間無く購入できます。

 

仮に、さっともの価の良い地域や、いまいち近所に家電量販店がないような地域に赴任する場合は、前もって買っておいたり、通販を利用したりする方が経済的です。

 

 

但し、その前に心から必要なものかどうかという最終チェックもしておきましょう。

 

やはり経済的かつ上手のは、必要最小限のもので押さえ付けるということです。

 

単身赴任の期間にもよりますが、1年程度の場合はさほど細いものまで整える必要はありません。

 

最小限で抑えられるのであれば、それにこしたことはないはずです。

 

 

単身赴任者の所持品として滅多に100%必要といわれているのは、蛍光灯、布団、カーテンです。

 

蛍光灯はあらかじめ設置してあると思われがちですが、中にはそうでない住まいもあります。

 

初日に苦労しないためにも、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

 

冷蔵庫やエアコンも、あまり100%所持されています。

 

エアコンは、大抵の場合は部屋に設置しているので問題ないですが、冷蔵庫は最優先で購入しておいた方が良いでしょう。

 

クリーナーや洗濯機、テレビ、電子レンジも一人暮らしには必須の製品となります。

 

 

一方、ほんとに所有されていないのがパソコンです。

 

仕事は会社にあるパソコンでするので自宅までは無用、という人も結構多いようです。

関連ページ

単身赴任は突然やってくる
単身赴任の住まい、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
住まいの条件は吟味しよう
社宅のメリット、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の辞令のタイミング
単身赴任の家電必需品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの方法
引越しにかかる費用、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
レンタル品、リサイクル品を利用しよう
単身赴任者の平均年齢、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任者の赴任年数と職種
単身赴任手当の種類、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの際の支援額
単身赴任と住民税、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任とメンタル
海外への単身赴任、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!