レンタル品、リサイクル品を利用しよう

レンタル品、リサイクル品を利用しよう

多くの家電製品が必要となる単身赴任ですが、その全てを買い埋め合わせるとなるとかなりの出費となります。

 

近年、家電製品はかなり低価格化してきてはいますが、でもテレビ、バキュームクリーナー、洗濯機、冷蔵庫を買い集めるだけで弱く10万円は越えます。

 

当然、他の生活用品等も必要となるので、総額はかなりのものになってしまう。

 

 

この出費を最小限に切り詰める便利な方法があります。

 

レンタル品の利用です。

 

一時的な借入でOKの単身赴任者ならではの方法といえます。

 

 

家電製品や家具のレンタルは、各所で行われています。

 

ただ、100%どこにでもあるわけではないので、それでは赴任先の地域に家電のレンタルを取り扱うお店があるかどうかをチェックしておきましょう。

 

レンタル品を使うメリットは、何といってもコストが抑えられる点にあります。

 

短期間のみの在住になることがわかっている場合、それが終われば多くの家電製品が不必要となるためレンタルの方が得と考えるのは、極通常のではないでしょうか。

 

 

ただ、レンタル品は自分の所持品ではないので扱いに気を遣うという点もあります。

 

こうした面を重視する人は、リサイクル品を利用すると良いでしょう。

 

つまりは中古品ですね。

 

古物商では、ひと昔前の型の家電や生活用品が格安で売られています。

 

品質に嵌る必要さえなければ、さんざっぱら安価での購入が可能となるでしょう。

 

単身赴任は、レンタルやリサイクルを賢く利用すれば、思い切り出費が抑えられます。

 

 

 

単身赴任者の帰省の頻度

直に家族と離れて生活していくことになる単身赴任は、非常に辛いものです。

 

日常の中で家族の顔を見られないことは、家族を有する人にとっては難しい現状といえます。

 

別に新婚や子供が生まれたばかりの家庭の場合、なかなか大きな問題となることは想像に辛くありません。

 

 

そんな面を配慮し、多くの会社まずは、毎月くらいの頻度で単身赴任者が定期的に家族と巡り会えるような制度を設けているようです。

 

たとえば、帰省の時間を作れるように優先的にスケジュールを組んで受け取れるなどの配慮が多いようです。

 

また、帰省のための足代を支給する会社も結構多いようです。

 

 

では、正に単身赴任者が家族と逢う機会はどれくらいなのでしょうか。

 

一際多いパターンは、会社の制度によって毎月のようです。

 

但し、隔週で帰ったり、週に一度帰ったりする人も手広く、おおむね8割の人がひと月以内に最低一度は家に帰るようにしているようです。

 

 

反対に、家族の方から単身赴任者の住まいに足を運ぶケースは、どのくらいの頻度なのでしょう。

 

断然多いのは、足を運ばないケースです。

 

子供を連れて行くのは厳しいというのが実状で、学校がある場合は一層です。

 

お正月など長期休暇に関しても、単身赴任者の方が実家に帰るのが一般的です。

 

但し、半数以上の家庭が最低でも年に一回は赴任先を訪れているというデータも出ています。

 

お互いに行き来することで、絆を理解し合うというのが完全かもしれませんね。

 

 

 

単身赴任と家族をつなぐのは…

様々な通信機器の発達で、離れた場所にいる人同士のコミュニケーションはかなり楽になりました。

 

通信が手紙と電話のみだった時代と比べると、現代はたくさんのコミュニケーションツールが生まれてあり、映像を押し出すこともできるようになっているので、離れていてもお互いの近況を報告する上で支障のない環境が整っているといえます。

 

 

では、単身赴任者は、真にいかなる通信手段を使って家族とコミュニケーションを図っているのでしょう。

 

ひときわ多いのは、ともかく携帯電話のようです。

 

単身赴任者は自宅電話を持たず、携帯電話のみとするケースが多いので、この方法が最も妥当です。

 

頻度は、毎日〜3日に1回くらいが多いようです。

 

一方、家族から連絡する場合は、家の電話から携帯に、又は携帯から携帯にというのが特に手広く、電話というツールの根強さが垣間見える。

 

 

その一方で、急速に増えているのがメールでのやり取りです。

 

特に携帯電話でのメールのやり取りは、若々しい夫婦や子供とのやり取りにはよく利用されているようです。

 

メールは時間に縛られない点が大きいようですね。

 

 

メールの普及によって手紙によるやり取りは激減し、今ではざっと利用されていないようです。

 

これは、時流といえばそれまでかもしれませんね。

 

メールで十分なコミュニケーションがもらえる以上、時間のなる手紙を利用するのは、いまひとつメリットがあるとはいえません。

 

 

また、最近人気なのが、スカイプです。

 

インターネット回線による電話で、通話料が回線料金以外かからない点が魅力です。

 

 

 

単身赴任者の平均年齢

企業が労働者に対して単身赴任を命じる理由は、たくさんあります。

 

社内を一層適材適所な状態にカスタマイズしたり、本社と支社、支社同士を再び流動的にすることでスピードアップを図ったり、風通しをよくしたりするなど、全体の活発化を拾うケースが中でも多いようです。

 

あんな中、単身赴任を命じられる人の年齢は大体どのくらいかというと、平均で46歳といわれています。

 

46歳ということは、大卒の人で勤続年数24年ということになりますね。

 

結婚年数の平均は、おそらく20年となっています。

 

 

ただ、これは飽くまでも平均であり、実際の分布を見るとさほど40代に集中しているわけではありません。

 

分布を見ると30代が13%程度と非常に速く、40代が52%、50代前半が36%となっています。

 

40代の前半、後半より、50代の前半の単身赴任者の方が多いようです。

 

従って、40〜55歳が単身赴任の多い世代となります。

 

 

このデータを見てもわかるように、単身赴任を言い渡される人の多くは、結婚してかなりの時間が経過している人です。

 

結婚年数20年の場合、子供の年齢が17〜18歳くらいの家庭が最も多いでしょう。

 

この年代は、ポッキリ高校から大学に進学する時期です。

 

受験生と大学一年生では、環境としてかなりの差があります。

 

大学生になった場合は一人暮らしを始めるケースも手広く、独り立ちをする一歩手前の時期なので、単身赴任はあんまり問題とはなりません。

 

この時期を見計らって辞令が飛び降りるケースも多いようです。

関連ページ

単身赴任は突然やってくる
単身赴任の住まい、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
住まいの条件は吟味しよう
社宅のメリット、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の辞令のタイミング
単身赴任の家電必需品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの方法
引越しにかかる費用、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の初期費用
単身赴任者の所持品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!