単身赴任者の赴任年数と職種

単身赴任者の赴任年数と職種

40〜55歳の人達が単身赴任をするケースが多いというデータが出ている一方、その人達はどういった職種で、またどれくらいの期間単身赴任をするのかというデータも出ています。

 

前もって、赴任年数から見ていきましょう。

 

 

単身赴任は1年で終了するケースもありますが、その割合は必ずしも高くはありません。

 

基本的には、2年以上の単身赴任が多いといわれています。

 

次に、2年以上の単身赴任者の中で赴任年数がどれくらいの割合で分布しているのかを見ていきます。

 

2年以上の単身赴任者の赴任年数は、2年、3年、4年以上がそれぞれ33%前後となっています。

 

つまり、2年の確率33%、3年の確率33%、4年以上の確率33%というのが現状です。

 

分布的には全てのケースが多分同率となっており、単身赴任がどれくらいの年数になるかということはその会社次第ということがいえます。

 

 

一方、職種で何より多いのは「営業・販売部」で、全体の4割近くを占めます。

 

営業は、ある意味手に職を所持しているような状態ですし、外部とのやり取りも頻繁に行っているので、単身赴任がしやすい部署とはいえます。

 

一方、情報システムや経理などの部署は、単身赴任をするケースが非常に低いようです。

 

 

役職では一般クラスの単身赴任は少なく、課長職の単身赴任が最も多いようです。

 

これは、平均年齢46歳ということを考えると妥当なところでしょう。

 

役割としても、部署、部門における上席者や幹部が大半となっています。

 

 

 

単身赴任手当

正に単身赴任をすることが決まったら、いよいよ気になるのはその後の生活に掛かるお金ですね。

 

家族とバラバラになることは精神的な面でも負担がかかるだけでなく、お金の問題も発生することになります。

 

住居を二つ持つ必要があるからです。

 

当然、家族と共有していた家電製品等も、別個で用意しなければなりません。

 

電気、ガス、水道などの料金も、勿論基本料を支払う必要があります。

 

そうなると、出費が随分かさんでしまいます。

 

 

そういうコストの面を配慮し、多くの企業では「単身赴任手当」を設けています。

 

単身赴任手当は、夫婦のどちらかが家族を残して別の地域へ転勤する場合に一定額を渡し、単身赴任を支援する制度です。

 

単身赴任手当は国が定めているものではないため、規定は会社によって異なります。

 

やはり、決まった額もありません。

 

それぞれの会社がそれぞれの基準を設け、条件に見合った額を支給します。

 

 

単身赴任手当の適用事由はたくさんありますが、会社都合の単身赴任と本人都合の単身赴任とでひとまず異なってきます。

 

単身赴任というと、基本的には会社都合、つまり会社が単身赴任を指定するケースとなりますが、場合によっては家族全員で引越しをすることも考えられます。

 

これは長期間の赴任となる場合ですね。

 

そんなケースで、家族全員ではなく自分だけが赴任先へ行く場合は個人事由となるようです。

 

たとえば、子供がどうも転校できない場合や、家族が病気で長期療養中の場合などです。

 

これらの場合それでも、単身赴任手当は支給されます。

 

 

 

単身赴任手当の種類

会社が単身赴任手当を支給する場合、主に4つの種類の単身赴任手当が用意されています。

 

前もって、別居手当という手当があります。

 

これは、単身赴任手当の中心となる手当です。

 

家族と別居することに対する代償の手当と考えれば良いでしょう。

 

 

会社都合の場合は会社の都合によって家族がバラバラになり、その結果生活費が二重に要するなどの余分なコストが生まれるわけですから、それを補う形での手当となります。

 

この別居手当の金額が、基本的には単身赴任手当の金額としてみなされるようです。

 

 

単身赴任手当は、これ以外にも複数あります。

 

たとえば、帰宅旅費手当もそうです。

 

帰宅旅費というのは、単身赴任者が自宅に帰省する場合にかかる交通費の一部、あるいは全額を負担する手当です。

 

帰宅にかかる交通費も単身赴任によるものそれで、支給されるケースが多いようです。

 

近年まずは、最低でも月に一回は家に帰れるような配慮がなされてあり、帰宅旅費手当もその一環として良いでしょう。

 

従って、支給されるのは毎月帰省する場合にかかる交通費となることが多いようです。

 

 

この他にも、借上社宅の貸与や家族留守宅への住宅手当支給などが受け取るケースがあります。

 

ここまでくると、高待遇といえるかもしれませんね。

 

これらに関しては、支給していない会社も少なからずあるようです。

 

 

単身赴任に関する手当の額は、会社ごとに細く設定されています。

 

また、単身赴任の適用事由で凄まじく支給額が変わるケースもあります。

関連ページ

単身赴任は突然やってくる
単身赴任の住まい、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
住まいの条件は吟味しよう
社宅のメリット、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の辞令のタイミング
単身赴任の家電必需品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの方法
引越しにかかる費用、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の初期費用
単身赴任者の所持品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
レンタル品、リサイクル品を利用しよう
単身赴任者の平均年齢、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!