引越しの際の支援額

引越しの際の支援額

手当が出ることは、単身赴任者にとっては非常に頼もしいことです。

 

ただ、その一方で気になるのがその額ですね。

 

どれくらいの額の単身赴任手当が支給されるのかで、生活のレベルであったり、仕送りの額であったりが決まってきます。

 

一際、子供が大学生で一人暮らしを始めたという家庭の場合、毎月子供に仕送りをする必要があります。

 

それを踏まえつつ単身赴任先で自らの生活費を工面していく必要があるので、支給額は出来るだけ早いうちに知っておいた方が良いでしょう。

 

 

単身赴任手当は、別居手当をはじめいくつかの手当があります。

 

また、その手当の額には基本的決まりごとはありません。

 

各会社それぞれの基準があり、それに照らし合わせて各々の手当の支給額が決まってきます。

 

ですので、おしなべてこの手当はこれだけの額が支給されるという決まった額は存在しません。

 

 

その中で、わざと相場を紹介していきましょう。

 

初めて、引越しの際にも会社からいくらかの支給がされます。

 

しかし、全額負担になることは一般的にはありません。

 

支給の範囲も、会社によって異なります。

 

一際多いのは、一部の生活用品の新品購入費用の支給です。

 

内証が影響しない、布団、家具、電化製品などの購入費をまかなっていける。

 

相場は、大体5〜6万円くらいです。

 

引越しにかかる運送料やトラック手配の代金、あるいは家賃等に関しても、支給してくれる会社は3〜4割はあるようです。

 

こちらの相場は、前者は5万前後、後者は10〜12万と言われています。

 

 

 

家賃補助

引越しに関する補助以外で単身赴任者に支給される手当といえば、家賃に関する補助でしょう。

 

別居手当の中心となるのが、この家賃に関する手当です。

 

単身赴任者は、赴任先における家賃のどれくらいを補助してもらえるのかによって、生活に関する様々な点が決まってくる。

 

 

基本的に、全額を自分が負担することはないと考えて差し支えありません。

 

ごくごく一部の会社で、恐らく経済的窮屈という理由等で、単身赴任者に全額家賃を支払って買うという所があるようですが、それはほんの一部です。

 

ほとんどの会社が、その割合は別としてなんらかの形で補助を通しています。

 

 

尚、その補助額ですが、これも社宅があるかないかで変わってきます。

 

社宅がある場合は、そこへ混ざることが補助の条件となるケースが多いようです。

 

無い場合は、その分の家賃の一部を負担することが多いようです。

 

社宅に住む場合は、会社が全額を補助してくれるに関してもあります。

 

ただ、そのケースはめったに割合としては多くはありません。

 

基本的には、7割を補助してもらい3割が自費くらいの割合になると思われます。

 

 

社宅がなく、社宅以外の住居に住む場合は、主に2パターンの補助が考えられます。

 

家賃の割合で定めるケースと、家賃に関係なく一定額の支給があるケースです。

 

この場合、前者は家賃の額に支給額が左右されるので、住まい選びはグングン慎重になる必要があるでしょう。

 

全体としての単身赴任手当における家賃補助の平均は、大体6〜7万円と言われています。

 

 

 

単身赴任と住民票

やむを得ず家族と去ることになり、でも期限が迫っていることから憂鬱ながらも着々と準備を進めて赴き、住まいも決まり、後は赴任先へ行くだけとなった際、ひとつ気にかかることが出てきます。

 

それは、住民票です。

 

単身赴任とはいえ、住居を動かすということになれば、そこに住民票を取り回す必要があるのでは…という思いが、ここで湧いてきます。

 

本当は、この問題はかなり複雑だったりします。

 

ひとつひとつ理解していきましょう。

 

 

取り敢えず、原則として住民票を絶対に移さなければならないという法律があるわけではありません。

 

従って、住民票の移動がないからといって、非合法になって罰せられたりすることはありません。

 

また、基本的に単身赴任者は長期出張者と同等の扱いです。

 

出張であって住まいの変更ではないとなれば、わざわざ住民票を切り替える必要性はないように思われます。

 

 

ただ、住民票を移動させないと色々な弊害も出てきます。

 

たとえば、選挙の際に住民票が移っていないと、赴任先での投票はできなくなる恐れがあります。

 

また、赴任先で自動車を購入する場合等も、問題が生じる可能性は否定できません。

 

この他にも、住民票の移動がないことでトラブルが発生することは考えられます。

 

 

そうして、最も大きな問題となるのが税金です。

 

住民票の移動がないと、税金面で少なからず問題が生じます。

 

断然住民税に関しては、どちらの地区に対して払うのかなどの問題が生じます。

 

この点も踏まえた上で、住民票を動かすか否かを決める必要があるでしょう。

 

 

 

単身赴任と住民税

単身赴任に際し住民票を動かすかどうかで迷っている人は、ほとんど税金に関して練ることをお進めします。

 

その中けれども、住民税は更にすごく関わってくるので、それでは住民税について学んでおくと良いでしょう。

 

 

住民税は、基本的には都道府県民税と市町村税の2つが合わさっています。

 

都道府県と市町村のそれぞれに税金を払わなければなりません。

 

また、それぞれに払う税金に関しても、均等割や所得割、利子割といったものがあります。

 

所得割というのは、前年度の所得によって金額がまとまるものです。

 

均等割は、所得に関わらない金額です。

 

利子割は、預貯金等の利子に対する課税です。

 

 

問題となって来るのは、この住民税の設定額です。

 

というのも、住民税は住む地域によってことなるのです。

 

おんなじ都道府県であれば、都道府県税の方は当然同額となります。

 

ですが、市町村が違えば、おんなじ都道府県民であっても市町村税に違いが出来上がり、払う額が異なってくるのです。

 

 

単身赴任者は、単身赴任先と家族のいる地域の両方で住民税を払う必要が生じる可能性があります。

 

手続き等の問題もありますが、住民票が家族と単身赴任者とでことなる場合、それぞれに納付する必要が出てくるケースもあるのです。

 

仮にそうなれば二重請求ということになりますが、場合によってはこの納付が義務ということになってしまいます。

 

もちろん、大きなコストの損失です。

 

こういった点に注意しながら、住民票を移動するかどうかを決めましょう。

関連ページ

単身赴任は突然やってくる
単身赴任の住まい、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
住まいの条件は吟味しよう
社宅のメリット、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の辞令のタイミング
単身赴任の家電必需品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの方法
引越しにかかる費用、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の初期費用
単身赴任者の所持品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
レンタル品、リサイクル品を利用しよう
単身赴任者の平均年齢、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任者の赴任年数と職種
単身赴任手当の種類、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任とメンタル
海外への単身赴任、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!