単身赴任とメンタル

単身赴任とメンタル

家族と離れ離れになるということは、経済的にもある程度の問題が生じますが、それ以上に精神面での問題が多いと言われています。

 

実際、淋しい思いを通している単身赴任者は多いでしょう。

 

それだけであればまだ良いのですが、中にはもう一度深刻なトラブルになるケースもあります。

 

たとえば、家族とのコミュニケーションがなんだかとれず家族間の絆が軽くなったり、親としての務めを果たせないことで、子供との距離が生まれてしまったりするケースです。

 

また、夫婦の仲に関してもそれぞれ猜疑的になる可能性が考えられます。

 

遠距離恋愛がなかなか上手くいかない感じように、単身赴任によって家族がバラバラになるケースは少なからず存在しています。

 

 

単身赴任者が心配することとしてとにかく多いのは、家族の日常が守られているかという点のようです。

 

別に、子供が健康かどうか、登校拒否などを起こさずに学校に毎日行っているかといった心配は、ほとんどの単身赴任者がしているのではないでしょうか。

 

また、親が一人不在ということで子育てに対する不安も生まれます。

 

母親にかかる負担が大きくなることに加え、自分自身が子供に対して必要とされなくなるのでは…という心配も、断じて生まれてしまいます。

 

 

こういった単身赴任者のメンタルに関する問題は、年々増えているそうです。

 

鬱という状態にまで陥る人もいると言われています。

 

単身赴任は、同系列の会社とはいえ全く違う職場で動くことになり、それだけでも大きな内負担を強いられます。

 

それに与え、家族と離れ離れになるは非常に耐え難いところです。

 

重要なのは、多少なりともこういった不安を燃やすため、電話やメールでの家族との対話を繰り返すことです。

 

 

 

単身赴任前の問題

本当に単身赴任先へ移動する前の準備段階で、できれば多くの心配事をなくしておきたいと考えるのが、単身赴任者の正直な気持ちかと思われます。

 

当然、家族と軽度とはいえある程度の期間離れることになるわけですから、心細さを覚えることは確かです。

 

ただ、それ以外の様々な問題は、出来るだけ解決しておきたいですね。

 

 

単身赴任者が、単身赴任の前に察する不安は、様々にあります。

 

とりわけ多いといわれているのは、会社の単身赴任に対する制度です。

 

「手当はどれくらい現れるのか」「社宅はあるのか」「どれくらいの頻度で自宅に舞い戻ることが出来るのか」などという点が特に気になることでしょう。

 

こういった件に関しては、本当に単身赴任の内示を受けた際にしっかりと確認しておきましょう。

 

内示を受けた時点で滅多に異動がまとまるとして良いので、辞令を受ける前に知っておいた方が得策です。

 

 

これ以外には、「赴任先でどの程度の生活用品が必要になるか」「いつが正規転勤日になるのか」「引越しにかかる費用はどれくらいか」「生活費はどれくらい要するか」等といったことを心配する人が多いようです。

 

赴任手前では、予め赴任にあたって掛かるコストや生活していく上で準備する必要がある物に対しての関心が高くなるようです。

 

これらは内示が出た時点で見ることが可能ですし、すぐに解決出来る問題ばかりです。

 

焦らず情報収集に勉め、必要な経費がわかればある程度余裕を携帯してお金を下ろしておく等すると良いでしょう。

 

 

 

単身赴任後の問題

準備がおわり、住まいも決まって無事赴任先への引越しが終わった後も、重荷が持ちきり人もいることでしょう。

 

始終一緒に暮していた家族と離れ離れになるということは、人によってはかなりの心細さを覚えるものだから、心労が乗っかるのはある意味さすがと言えるでしょう。

 

 

単身赴任後に生まれる問題は、初めて住居の問題が非常に多いようです。

 

赴任先の住まいが社宅の場合は、とりあえず部屋の広さに少なからず違和感を覚えることが多いでしょう。

 

今まで暮らしていたマイホームとはことなるのですから、当然のことです。

 

とはいえ、これは大した問題ではなくすぐに順応すると思われます。

 

それ以上に懸念されるのは、周囲の環境です。

 

たとえば、隣や近所に住む人たちと摩擦が生じないか、近くにスーパーやコンビニ、あるいは自分の趣味に関連する施設があるか、といった問題ですね。

 

最も社宅やアパートに住む場合は、少なからず他者との距離がかなり近い状態になります。

 

ご近所トラブルが生まれるのでは…という不安があるのも致し方無いところです。

 

 

この他にも、「前もって聞いていた通勤時間と、本当に要する時間とのギャップ」「赴任先の商売」「自分の体調」「食事」「子供とのコミュニケーション」等の問題をうったえる単身赴任者が多いようです。

 

いずれも、生活をして行く中で少しずつ慣れて行く必要のある問題です。

 

断じて解決がむずかしい場合は、単身赴任経験のある知人や、メンタルケアを通じている機関の窓口によって相談を通してみましょう。

 

そんなにすることで、自ら溜め込むよりもはるかに楽になれます。

 

 

 

海外への単身赴任

特殊な例ではありますが、単身赴任の行き先には海外が留まるケースもあります。

 

海外に支社を持つ企業の場合は、その支社に単身赴任で行くという場合が色々あるものと思われます。

 

そういった場合は、国内での単身赴任以上に様々な問題が出てきます。

 

 

前もって、言葉の問題を心配する人がほとんどではないでしょうか。

 

中国や韓国など、アジアの国に行く場合はとりわけそうですね。

 

アメリカなどの英語圏内であれば、カタコトもなんとかなることもあるので割とクリアできるのですが、他のアジアの国となると少し厳しい面もあります。

 

赴任が決まったら、一気に現地の言葉を勉強し始めるくらいの準備が必要でしょう。

 

 

やはり、ライフサイクルの劇的な変化に関しても心配されるところです。

 

日本は島国なので、他国との直接的な交流がそこそこ早く、日本以外の文化に触る経験をする人もくれぐれも多くはありません。

 

そのため、全く違う環境で生活することに慣れていないのです。

 

自分のモラルと全く異なる中で生活することは、精神的に非常に応じると言われています。

 

なるべく先入観や固定観念を持たず、郷に入っては郷に従うという精神で臨む方が良いでしょう。

 

 

この他、海外への単身赴任の場合は家に一気に帰れないという点で、最短でどれくらいの時間で家へ戻れるのか、あるいは日本にどれくらいの頻度で戻れるのかといった点が特に関心を集めるようです。

 

案の定、転勤の時期に関しても国内以上にナイーブになる人は多いでしょう。

 

ただし、近年は携帯メールやインターネットの普及により海外からでも連絡を取りやすい環境が整っているため、その点は力強いでしょう。

関連ページ

単身赴任は突然やってくる
単身赴任の住まい、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
住まいの条件は吟味しよう
社宅のメリット、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の辞令のタイミング
単身赴任の家電必需品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの方法
引越しにかかる費用、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任の初期費用
単身赴任者の所持品、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
レンタル品、リサイクル品を利用しよう
単身赴任者の平均年齢、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
単身赴任者の赴任年数と職種
単身赴任手当の種類、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
引越しの際の支援額
単身赴任と住民税、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!