「食品メーカー」のブランディング

「食品メーカー」のブランディング

食品業界は、競争が最も耐え難い業界の1つです。
たとえば、ドリンクなどについては、新商品が数百種類も1月に市場へ出回るそうです。
そんな状況の中で、プライベートブランドの存在を消費者にどんなに認識してもらい、気に入って買うかがブランディング成功のポイントとなります。
膨大な商品数の業界だからこそ、確実にプライベートブランドひとつひとつをヒットさせることが、企業ブランドの向上に変わるのです。

 

 

まずは、ひとつひとつの商品をどのようにすればヒットに陥るのでしょうか?その大きなカギとなる考え方が、「マーケティング」です。
マーケティングとは、つまり「市場が必要なものは何か」「消費者の心は何を求めているか」を把握することです。
市場をリサーチしたりモニター調査を行ったりすることで、見た目だけでは策することのできない要望を知ることが、商品のヒットを実現させる定石なのです。

 

 

消費者の日常生活にはずすことのできない“食”を担っている業界であるため、食品業界においては、殊に「マーケティング」による消費者の要望を理解することが重要視されるのも大きな特徴と言えます。
たとえば、“健康”“メタボリック”、“スローフード”といった、世の中で最近ブームとなっているキーワードをもとに、マーケティングを徹底して立ち向かうことで、開発している新商品が消費者の待ち焦がれるものに近づいていくのです。

 

 

このようにして、食品製造会社はブランディングを考えることが大切なのです。

 

 

 

「化粧品メーカー」のブランディング

コスメ業界は、雑誌の広告やTVCMなどで、各社でプロモーション戦略が積極的に行われています。
食品業界と並んで、この業界も競争が非常に激いため、あまりブランディングの確立は容易なことではありません。
では、いかにしてコスメ業界でブランディングの確立を目指し示すのでしょうか?ここでは、ある大手国内コスメ製造会社A社のブランディングの事例をもとに、コスメ業界のブランディングのポイントを探っていきましょう。

 

 

A社が自社のブランディング確立を目示すにあたって、最初に行ったことは、「自社ブランドとは、どういうものか」をきちんと定義し、徹底的にそれを市場に認知させるという作業でした。
「コーポレート・アイデンティティ」(CI)という言葉が過熱する社会ですが、このような自社ブランドの定義を社訓、経営姿勢、ロゴ、プロモーション戦略に明確に無くし引っ掛ける作業は、すべての業界の企業にとっても非常に重要なことです。
A社の場合は、歴史や伝統、品質の良さなどを考え出す高いクオリティ、それにかかわる社員みんな間性などを、明確に言葉で定義し、一貫したイメージを消費者が抱いてもらおうと努めました。
そうして、長年、消費者への訴求を変わらず積み重ねることによって、現在では、他社にはまねできない斬新の染みるトップブランドを築くことができたのです。

 

 

ここで当てはまることは、企業ブランドにおいて、「生まれ変わることのないイメージを、長年伝えて出向くこと」が、どれだけ重要であるかということです。
なぜなら、その誠実な姿勢こそが、消費者が抱きつく“リライアビリティ”に結びつき、もうすぐ、そのリライアビリティが確かな“高級感”へと進展するからです。
ころころとイメージが変わる企業は、態度を相手によって取り換える人間と同じように、ちょっぴり任せがたいところがあると感じるでしょう。

 

 

 

「スポーツ用品業界」のブランディング

野球やサッカー、ゴルフ、バスケットボールなど、さまざまなスポーツが今日まずは世界中の人々に親しまれてあり、愛されています。
そんなスポーツに必要不可欠なのがシューズやウェアなどの“スポーツ用品”です。
スポーツ用品業界では、現在、並み居るグローバル企業によるすごいシェア争いを繰り返し、各社とも企業のさらなるブランディングの確立を目指しています。

 

 

ただ、スポーツ用品業界は元々、ある企業の先駆的なプロモーションによって、シェアを独占的に確立していました。
どのようにして、その企業がエライのかというと、それは各スポーツ分野のトップスターを起用したことが要因です。
有名な選手や憧れの選手もおんなじシューズを通じているとなれば、おんなじスポーツをする消費者なら誰でも興味が沸くはずです。
TVCMなどによる広告展開を駆使することで、自社の商品をさまざまなトップスター選手が身に付けていることを印象付けたのです。
これこそが、エライ企業のブランディング戦略なのです。

 

 

現在では、有名な選手がスポーツ用品のCMに登場するのは当たり前になっていることからもわかるように、このような手法が、他社でも積極的に選べるようになり、トップスター選手の確保に熾烈な争いが繰り広げられています。
これは、ある企業が消費者の憧れるスター選手を起用したブランディングが、予想をはるかに越えるブランド効果を発揮することが証明されたからなのです。

関連ページ

「ブランディング」とは?
「Webブランディング」について、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!