「証券会社」のブランディング

「証券会社」のブランディング

先もの取引が主体である証券会社は、金融商品においても、一目で商品の内容が分かりにくく、新規顧客獲得がやけに難しいとされています。
その中けれども、いわゆる“パーソナルブランド”を独自の手法で立ち上げた例は、証券会社においての企業ブランディングを把握する上で、大変参考になります。

 

 

ある証券会社は、発足当初から急性新規顧客獲得によっていました。
商品内容を把握するのが苦しく、消費者にとって何やら取っ付きの乏しい金融商品について、どのようにすれば消費者に興味を持ち歩いてもらえるのでしょうか?

 

それは、商品やサービスを簡易化・合理化させることにありました。
この証券会社の場合、まだ証券を持ち歩いていない取引未経験者を獲得することを視野に入れて、少ない投資額で証券を手軽に手にすることのできるサービスを確立したのです。
そうして、そのサービスはオリジナルのブランドとし、若年のビジネスパーソンをターゲットとして、プロモーション展開を通じていきました。
一層、インターネットなどを利用したプロモーションがエライことで、この会社に対する消費者のブランドイメージは、「証券の真新しいカタチを提供する、面白い企業」として広まっていったのです。

 

 

主に一般消費者を顧客とする都市銀行の場合は、初々しいプロモーションの考案が優先されますが、証券会社の場合は、市場にない新しい商品やサービスを考察することが企業のブランディングに結びつくようです。

 

 

 

「都市銀行」のブランディング

都市銀行の顧客は、“中産階級”と呼ばれている庶民がほとんどです。
このような銀行は大都市に手広く立ち並んであり、そのどれも、さまざまなサービスを充実させたり、キャンペーンを展開したりして、顧客獲得のために専念しています。
また、国内では、ナンバーワンを起用したプロモーションが主なブランディング戦略の1つですが、近年まずは、さらにアイデアあふれる手法によって、注目されています。

 

 

ニューヨークのある銀行では、アイスクリーム店のスポンサーとして、アイスを街角で配るというプロモーションを実施しました。
これは、最適ブランディング戦略であって、マーケティングから導き出された、合理的な手段だと考えられています。
ニューヨーカーは老若男女問わず、アイスクリームを好む人が多く、銀行が消費者の嗜好性によって提供することによって、企業のイメージ向上を企てたのです。
プロモーションとしては意外性のある手法だと思うかもしれませんが、その意外性が話題性に陥る上で有効な材料であったと言えます。
町のあちこちで「あそこの銀行で、アイスクリームを配っていたよ」というウワサが流れれば、このプロモーションはエライと言えるでしょう。

 

 

このように、銀行は独自のブランディング戦略を練って、他との差別化を図ることに没頭しています。
従来の手法にこだわらないで、柔軟なアイデアとプロモーションの新手法を発案することが、都市銀行がブランディングを成功させる近道となるでしょう。

 

 

 

「都心百貨店」のブランディング

百貨店業界も、伝統と歴史が企業ブランディンディングの一因となっています。
それは、伝統と歴史というのは、消費者が抱きつく“高級感”や“リライアビリティ”へと導くからです。
依然として、「あの百貨店の商品は、どれも良いものばかり」「お土産なら、あそこの百貨店が一番」という激しいイメージを持っている消費者は手広く、それが売上に直接つながっています。
一層、「この手土産は、あの百貨店の包装紙だから、可愛いもののはず」という心理を抱きつくほど、そのブランドは痛烈価値をもたらしているのです。
まずは、百貨店業界における今日の企業ブランディングでは、如何なることが大きなカギとなっているのか、では、都市型の百貨店について紹介していきましょう。

 

 

都市にある百貨店の場合、今もなお、「伝統的な価値」が業績に影響を与える最大の要因と言って良いでしょう。
では、具体的に、何がそれぞれの百貨店の伝統的な価値を高めてきたのでしょうか?

 

伝統的な価値を向上させてきたのは、売り場の高級な商品や食材では決してありません。
都心の百貨店の伝統を貫き通し続けてきたものは、配下1人1人が実践している際立つ“サービス力”なのです。
商社の場合も同じですが、“モノ”ではなく“ヒト”が企業ブランディングを左右すると考えられます。

 

 

都心型の百貨店は、自社の商品や独自の技術を備えているわけではありません。
但し、そのかわりとして、長年に渡って積み上げられた営業によるサービスのノウハウが存立しており、配下によってそれらは受け継がれています。
そうして、彼らの厳しいサービス力こそが、都心型の百貨店が十分にオリジナリティを発揮することのできる最大の手段なのです。

 

 

消費者がそのサービス力に意識して着目することはないでしょうが、接客の対応を心がけたり購入後もフォローしたりと、せっせと仕事を地道に進めて行くことが、顧客評価の向上につながり、さらなる企業ブランディングの向上を導くのです。

関連ページ

「ブランディング」とは?
「Webブランディング」について、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「食品メーカー」のブランディング
「スポーツ用品業界」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「スーパーマーケット」のブランディング
「コーヒーショップ」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!