「通信機器関連会社」のブランディング

「通信機器関連会社」のブランディング

パソコンやプリンターなどを向き合う通信機器関連の需要は、近年、飛躍的に高まり、断然活気のある市場にまで発展しました。
その一方で、著しい競争が繰り広げられる中、それぞれの会社が技術力を駆使して新商品の開発に力を入れ、ずっと市場にニューモデルが少ないスパンで流通しています。
このようなときのもと、販売シェアを獲得するのと同時に、通信機器関連の各社は自社のブランドを確立することを最優先課題として、それぞれが独自の手法によって企業ブランディングを図ってきました。
中それでも、アメリカのある企業は、当時では実に独創的な販路とブランディング戦略によって、顧客評価を向上させ、確かなブランド力を築くことができたのです。

 

 

この企業が他の通信機器関連会社と違っていた最大の特徴は、パソコンの販売を小売店では行わないで、インターネットを介して直接消費者に販売する手法を慣行的に行ったことでした。
卸売業者の介入無しに販売する手法は、さすが、売り値を値下げさせたり、価格面での差別化を図ったりすることが出来るようになります。
ますます、購入後の徹底的なもてなしも、顧客評価を向上させる大きな要因となったのです。

 

 

この企業がブランディング戦略や販売戦略を成功させた裏側には、マーケティングの緻密な戦略によって、ある程度活気付いたマーケットの動向を把握するというプロセスがありました。
食品業界と同じように、消費者需要の高いマーケットであるほど、マーケティングは大きな力を発揮するのです。
つまり、通信機器関連会社の場合、際立つアクセスが企業ブランディングに影響を広く送るファクターと言って良いでしょう。

 

 

 

「航空会社」のブランディング

世界各国を流れる就航路線で、数多くの航空会社がシェア争奪戦を繰り広げている航空業界もまた、価格だけでなくサービスを差別化することで、オリジナリティを漁るブランディング戦略が行われています。

 

 

中でも、需要の激しい欧米とアジアを結ぶ長距離路線では、消費者にいかにして長時間のフライトを満足して買うかが課題となっています。
つまり、顧客評価を獲得することが、ブランドを向上させるカギとなるのです。
では、具体的にはどんな手法が実践されているのか紹介します。

 

 

本来ば、航空会社各社がサービスの充実に取り組む場合、機内サービスを向上させることに着目するでしょう。
きめ細やかなフライトアテンダントの接客はもちろん、音楽や映画、機内食、呑みもの、機内誌といったクオリティを改善させるポイントは、いたるところにあるのです。
ところが、どの会社も機内サービスには目を向けているので、それらを徹底させるだけでは、大きな差別化には二度とつながりません。

 

 

そこで、アメリカのある航空会社それでは、顧客の評価をますます向上させるために、飛行機の外側においてもサービスの向上に徹底して乗り出したのです。
如何なるサービスを実践したかと言うと、企業の経営者が自ら搭乗口にかけて、乗客に対して丁寧にアテンドするなど、誠実な姿勢をアピールしたのです。
このように、機外で実践する取り組みは、航空会社の新たなブランディング戦略として、注目されています。

 

 

 

テレビのロゴのイメージ(1)

「ロゴ」とは、ブランドや社名の印象を消費者に深く残すためにデザインされたもので、ブランディング戦略に重要な要素の1つです。
ロゴは「形」や「色」を伴うことから、ブランドだけよりも、会社や商品のメッセージを効果的に報ずることができるので、ブランディングを確立するのに有効です。
では、そうして生まれたロゴは、如何なる印象を消費者に与えているのでしょうか?ここでは、テレビ製品について取り去り、消費者がそのロゴに対してどんなイメージを抱きつくか調査しました。

 

 

「VIERA」(パナソニック)・・・「VIERA」の「VI」は「VISION=映像」を意味し「ERA」は「時代」を意味し、それらを合わせて作られた造語で、“新たな時代の映像生活”を提案していただける薄型テレビを総称して名付けられたのです。
VIERAのコンセプトは美しい映像だけでなく、変わる時代と共に、新テレビライフを発案し積み重ねることです。
また、VIERAのロゴは斜体のデザインで、「R」は「r」と小文字が使用されていることから、「個性的だ」「インパクトがある」と、デザイン性において高く評価されています。
さらに、センスの良さや先進的なイメージも受けるようです。
VIERAのコンセプトの1つには「Link」があり、YouTubeといった真新しいコンテンツとリンクしています。
そうして、将来は生活家電ともリンクできるホームネットワークへ進化することを目指しているようです。

 

 

「AQUOS」(シャープ)・・・2001年1月に“21世紀のテレビ”として誕生しました。
AQUOSのロゴは白地に映える青文字で、一度は見たことがあるでしょうが、この青文字は「アクオスブルー」と呼ばれています。
ロゴの評価は、見やすさや憶えやすさ、読みやすさに高評価を得ました。
また、親しみやすく好感がもて、センスの良い点も評価されています。

 

 

 

テレビのロゴのイメージ(2)

「ロゴ」は、企業ブランディングを確立するのに、至って重要な要因となります。
中けれども、テレビ製品のロゴは、誰もが印象に残るほどインパクトのあるデザインとなっています。
まずは、ブランディングの成功のために、ロゴにこんな工夫がされているか、それが消費者にどのような印象を与えているかを調査します。

 

 

「BRAVIA」(ソニー)・・・「BRAVIA」とは「色や質感などを自然のままに映す高画質の薄型テレビ」を意味する英語の頭文字を取ってできた造語で、NEWソニーテレビの完全なる復活の第一歩となる2005年10月からブランド変更されました。
BRAVIAは、画質やユーザビリティー、外観など全てを“デザインする”ということがセールスポイントなので、ロゴのデザインも無論その姿勢を活かしているのです。
消費者の印象は、見やすさや憶えやすさなど、認知し易いことが評価されています。
頭文字のもとである英語は難しいですが、それを読みやすく見やすいデザインに工夫したところは、もちろんソニーと思わせます。

 

 

「REGZA」(東芝)・・・ドイツ語の「Regsam(=躍動感)」に由来し、高画質化の追求に取り組んだ液晶薄型テレビです。
消費者が受けるこのロゴの印象は、「個性的だ」という意見が多く、見やすさと読みやさの評価も高いです。
また、センスの良さや好感のもてるデザインも評価されています。
使用されているグリーンは、際立つ映像技術を表す“半導体”をイメージさせて、シャープでありながら丸みを帯びた字体からは、スマートなだけでなく、シャープ過ぎず好感のもてる印象を与えているようです。

 

 

「Wooo」(日立)・・・2001年に命名され、「Wonder(驚き)」、「World standard(初々しい世界基準)」、「Worthwhile(大きい価値がある)」という3つの「Wo〜」の意味を込めて「Wooo」という造語ができました。
消費者の意見としては、「個性的だ」「インパクトがある」「覚えやすい」という印象が激しいようです。
記憶に残るように工夫されたデザインは、ブランドのすさまじさをアピールするために有効だと言えるでしょう。

 

 

 

新・旧ロゴマークのイメージ

ロゴマークは、企業のもつコンセプトやビジョンをビジュアライズすることによって、ブランドと消費者をつなぎ、ブランディングを確立する要素となります。
また、消費者にとっても、企業を認知するための重要な足がかりとなります。
そのため、消費者に長年親しまれてきたロゴマークを変更することになった場合は、企業にとってブランディング戦略の大きな転機となるでしょう。
まずは、最近変更されたロゴマークを取り上げて、真新しいロゴマークに対する消費者の評価を調査します。

 

 

明治製菓・・・2009年8月に新しいブランドマークを発表し、お馴染みの板チョコも新しいロゴに変更されました。
やわらかな書体を通じて、頭文字を小文字にし、「食と健康」をテーマにした企業らしく、明るさとお客様との暖かいつながりを表しているそうです。
また、「iji」には、みんなが寄り添って助け合う姿を表しているそうです。
色調はおんなじ赤ですが、旧ロゴは心強いイメージで、初々しいロゴは手厚いイメージを受けます。
初々しいロゴの評価は「親しみやすい」、「わかりやすい」などの意見がある一方で、「旧ロゴの方が良かった」という意見が大多数を占めました。
変更してから間も乏しいころに調査したこともあるでしょうが、長い間親しまれた旧ロゴのデザインから真新しいものに慣れるまで、チラチラ時間が繋がるかもしれません。

 

 

NTTドコモ・・・旧ロゴは「NTT DoCoMo」に点と線が記され、はっきりとした色や字体で、災害が発生した際などのライフラインとしても役に立つように、たくましさを感じるデザインでした。
一方、真新しいロゴは、「優しさなど人間味を秘め、未来への可能性のあるリライアビリティやリライアビリティを表した、親しみやすくシンプルなデザインになりました。
ところが、評価としては、旧ロゴを支持する意見が多いようで、「新ロゴの方が企業姿勢を感じる」という評価があまりなかったようです。
現代では、携帯電話は消費者の生活に必要不可欠なものになっています。
私たちの生活に寄り添うことと、社会的な責任を負う国の代表的な企業としての思想、それらをデザインだけで表すのは耐え難いのかもしれません。

関連ページ

「ブランディング」とは?
「Webブランディング」について、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「食品メーカー」のブランディング
「スポーツ用品業界」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「スーパーマーケット」のブランディング
「コーヒーショップ」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「証券会社」のブランディング
「都心百貨店」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「郊外型の百貨店」のブランディング
「大手の総合商社」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「海外展開している商社」のブランディング
「テーマパーク」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
宅配便業者のイメージ
宅配便業界のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
懐かしい商品のイメージ
復活した「白い恋人」、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
世界中で愛される「ハローキティ」
「カップラーメン」の軌跡、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!