世界中で愛される「ハローキティ」

世界中で愛される「ハローキティ」

ハローキティは、子ども向けの商品などで使用されているほか、家電製品やご当地限定土産品などでも確かめることができます。
それだけでなく、ハローキティは誠に世界70カ国で販売されており、キティを表現する単語として「kawaii」というに日本語が輸出なるほどです。

 

 

海外では、ハローキティの熱烈なファンには、有名人やセレブも数多くいます。
彼女たちは、日本の“ポップカルチャー”としてキティを捉え、ファッションの一部に取り入れているのです。

 

 

ハローキティは、さまざまな企業や商品とコラボレーションしてきました。
中には、海外における評価が見えるアイテムも存在します。
台湾・エバー航空はエアバスの機体に、ハローキティなどサンリオキャラクターを描いて就航しました。
南太平洋のクック諸島では、ハローキティの記念コインが法定通貨として、イギリス王立造幣局で鋳造し発売されました。
また、2005年には、ユーロ通貨にもキティが描かれました。
ますます、2003年には、1000万円のプラチナ製「クイーンキティ」が発売され、2006年には、1890万円のフィギュアがジュエリーとセットで発売されました。

 

 

ハローキティの成功の秘訣は、そのデザイン性やマーケティング視点など、多岐にわたる角度から論じられています。
とにかく着目目指すのが、企業姿勢とも被る“キャラクターの性質”です。
多くのキャラクターが、口があって笑った表情を通じていますが、ハローキティは、口をわざわざ描かないで、「感情を見ている人と共有出来る」ようにしています。
切ない時折一緒に悲しんでくれて、うれしい時折笑ってくれているようです。

 

 

二度とグループ、着目するべき点は企業の姿勢です。
サンリオは、コラボレーションを拒否しないで気持ちよく受けている姿勢がうかがえます。
このような張りは、時としてブランド崩壊を導かない要因となる可能性も秘めています。
そうして、ハローキティは市場のアイテム数を増加させて赴き、多くの人々に認知され、ジャンジャンファンを生み出していきます。
そのファンの消費行動によって、グングンコラボレーションが生まれるのです。

 

 

商品の販売において、市場の拡大は一方通行になる中で、ハローキティは自身の“力”を使いこなすというブランディングで、市場拡大を図ったのです。
世界進出を成功させたキティのブランディングは、アジアなどの市場拡大を思索する日本企業が学ばなければならない観点を、示しているように感じます。

 

 

 

「カップラーメン」の軌跡

「カップラーメン」の誕生を導いたのは、日清食品グループの創業者・安藤氏が世界各国の視察をした際に感じ取ったヒントにあります。

 

 

テイクアウトサービスが発達していた欧米では、屋外で食事をするスタイルが一般化していました。
現在の日本では、物珍しいことではありませんが、当時は、誰も想像することができないスタイルだったのです。
簡単に持ち運び出来る容器を使用して、気軽に屋外で食べられるという感覚がヒントの1つとなったのでしょう。

 

 

また、ロサンゼルスのスーパーで、チキンラーメンの試食をバイヤーとしてもらった際に、そのバイヤーは、紙コップの中に麺を割って入れて、お湯を注ぎ、フォークで食べたのです。
欧米人はどんぶりと箸を使わないという現実を知っていても、その光景を目の当たりにしました。
この光景から、容器が必要でフォークでも食べられる麺、という意識を深くもつようになりました。

 

 

グングン、ヤバイヒントとなったのは、機内食のマカデミアナッツの容器です。
アルミ箔と紙でできたフタによって、密閉状態が保たれ新鮮に保存出来る容器を、インスタントラーメンにも応用できないかと思いついたのです。
このようなヒントから、カップヌードルが誕生したのです。

 

 

知っている人も多いと思いますが、カップヌードルがヒットしたきっかけといえば、1972年、連合赤軍メンバーによって起こされた「あさま山荘事件」です。
多くの国民が注目した事件ですが、機動隊員や警察官らがカップヌードルをおいしそうに食べている姿が写し出され、爆発的なヒットとなったのです。

 

 

但し、カップヌードルのヒットは、偶然の産ものによるものではなく、安藤氏が新規ユーザーの獲得にこだわったことです。
このような製品を持って訪れるのは、遊園地やスタジアムなど屋外で食事をする機会の多い場所、また、消防や警察などの夜間交代勤務となる職場です。
そうして、努力の末に、この事件で自衛隊が最初の顧客となったのです。

 

 

この急激ヒットをきっかけに、アメリカへと進出し、現在では世界80を超える国と地域で販売されています。
では、海外進出を成功させたブランディングの秘訣とは何。
それは、緻密なマーケティングを受け継ぎ、その国や地域の食文化によって、味だけでなく生活形態の変化に対応した機能性の厳しい商品を展開していることでしょう。

 

 

「有難い製品は世の中が本当に感づく」と強く信じ、努力を続けた結果としてブランディング確立を成功させたのです。
カップヌードルは日本の誇りであり、海外へ市場拡大にかけている人に、なすべき方法を指示しているように思われます。

関連ページ

「ブランディング」とは?
「Webブランディング」について、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「食品メーカー」のブランディング
「スポーツ用品業界」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「スーパーマーケット」のブランディング
「コーヒーショップ」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「証券会社」のブランディング
「都心百貨店」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「郊外型の百貨店」のブランディング
「大手の総合商社」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「海外展開している商社」のブランディング
「テーマパーク」のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
「通信機器関連会社」のブランディング
新・旧ロゴマークのイメージ、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
宅配便業者のイメージ
宅配便業界のブランディング、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
懐かしい商品のイメージ
復活した「白い恋人」、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!