英語 翻訳

2017/11/13 01:05:13 | 英語 翻訳
出版翻訳は、翻訳業の中で、一番も日本語力が必要なのではないでしょうか。なぜかと言いますと、各種タイプの本を日本語で表現するからです。子供向けの本なら、子供向けの言葉で翻訳しなければなりませんし、文学に関する本なら、そのように日本語を使わなければなりません。ロマンスの本であれば、読者の心を掴むような日本語を書くべきでしょう。当然、推理小説もののもの、ミステリーもののものには、それに当てはまる表現があるわけです。本には様々なタイプがありますから、それらのニュアンスを活かして、日本語にすること、これはとても耐え難いことなのです。当然、読む側をもの語に誘い込む、また、夢中にさせる、飽きさせないようにす...
2017/11/01 01:05:01 | 英語 翻訳
複雑なニュアンスも、賢く日本語に入れかえることが必要ですから、それなりに知識がないと、その翻訳の仕事は出来ないでしょうね。たとえば、文学の本を翻訳するからには、文化や歴史など、また、その国の社会背景にも細かくなければなりません。これは、言語を翻訳する上で、翻訳において基本的知識だけあれば良いというものではなく、英語でしたら、ニュアンスを変更すること無く、上手にわかりやすく日本語に正すことが必要ですから、文才もなくてはなりませんね。また、言ってみれば、センスも必要です。お話したように、その分野において、知識があることは、翻訳をすることにあたり、実に有利です。ですから、歴史本や文学などの場合、トラ...
2017/10/17 01:05:17 | 英語 翻訳
英語で話している映像を、日本語に吹き替える際、だらだら気をつけなければならない点があります。たとえば、しゃべっているタイミングと、同じように、口によって吹き替えを収録するなど、タイミング面でも難しいと思います吹き替え専門の声優さんなどを取り扱う必要も出てくるでしょう。また、英語の発音はその国の人によって、録音しますが、いよいよ、収録となると、やっとトランスレーターが作成した台本も、母国の人にとっては楽しい表現と思える部分も出てくるわけです。このケースは美しくあるようです。クライアントの意向を一番大事にして作られた台本は、英語を話すネイティブの人達からみると、幾らか変だということもあるようですが...
2017/03/24 17:11:24 | 英語 翻訳
みなさんは、翻訳というお仕事をご存知でしょうか?誰もが、翻訳という言葉を聞くと、英語を日本語に治すこと、というでしょう。まあ、一般に知られているように、ことなる言語の間で、意味を翻案するという作業です。文章を、他の言語に書き直すとき、翻訳と呼ばれます。また、同じ作業だが、口頭で違う言語を他の言語に直して、話すことを通訳と呼ばれていますよね。このように、通訳のほうがわたしには馴染みが奥深いかもしれません。様々な場面で活躍するのが通訳ですからね。さて、翻訳といえば、身近なところで英語の字幕でないでしょうか。あれはトランスレーターがその国の言語を日本語に治す作業をし、字幕になります。元の文を原文と呼...