フランチャイズ

2017/01/26 01:05:26 | フランチャイズ
フランチャイズへ加盟する際には様々な準備を通じておく必要が有ります。たとえばもの件についてですが、フランチャイズに加盟する前にもの件を用意しておく必要は有りませんが、加盟した際に開店させるもの件は自分達で用意しておくのか、フランチャイズ本部側が用意したものを利用するのか、場所はどこら辺に開店させたら良いのか等、イメージだけでもしっかりと持ち歩いておく必要が有ります。また、その事を審査の時に出来るだけイメージが伝わる様な熱意が有れば良いでしょう。イメージも何も無いと、のほほんと加盟するだけになってしまいますのでやる気が感じられないとして仕舞う可能性が高いです。次は資金についてです。ともかく資金は...
2017/01/22 01:05:22 | フランチャイズ
アメリカで個人で業務を展開している人が最初に思い付くのがフランチャイズへ加盟する事です。イメージとしてはフランチャイズと言うと、成功し易く失敗しにくいというイメージが有りますが、実際にはかなりの数の加盟店が失敗している様なのです。なぜ失敗するのか挙げてみると、資金不足である事、本部のマニュアルに従わない事、管理能力が弱々しい事、母体である本部自身が未熟である事等が挙げられます。アメリカのフランチャイズでは認定制度が設けられている為、日本よりは難しいというイメージがあるが、認定制度が見て取れるもののトラブルや訴訟が後を絶たないらしいのです。ですからなのか、加盟店側も失敗が多いし、本部自体も撤退と...
2017/01/20 01:05:20 | フランチャイズ
フランチャイズとして加盟するだとすれば、トラブルに関しても理解しておかなくてはいけません。以下に出来る主なトラブル内容を挙げてみますので参考にして下さい。【加盟店側のトラブル】予想していたより売上が伸びず、経営困難になるトラブルが生じる可能性が有ります。また、契約たまに聞いた内容、たとえば運営コストや本部からのサポート等が聞いていたのとは違っていた為にトラブルが発生する可能性が出てくるというトラブルが有ります。【本部側のトラブル】本部側が作成したマニュアルや、指導された経営方針等を加盟店側が守らずにトラブルとして発展する場合が有ります。加盟店側の経営や運営がレベル的に非常に乏しい場合、フランチ...
2017/01/17 01:05:17 | フランチャイズ
フランチャイズを調べてみると、未経験の人も独立開業が可能という感じになっています。果たして未経験の人も何も知らなくても経営を通じて行く事が出来るのでしょうか。その理由を挙げてみたいと思います。先ずは業務に関するノウハウを本部側から教えてもらう事が出来るという事。次に仕入れや配送に関するネットワークがとっくに整っている事。フランチャイズという大規模な会社になると、広告も大規模になりますので、そのインパクトでアクセスが見込めるという事。フランチャイズはとうに知られているブランドが多いですので、信頼もされているという事。等が挙げられます。当然、未経験者だけでなく経験者の人の方が有利だという事には変わ...
2017/01/15 01:05:15 | フランチャイズ
フランチャイズの業種は大きく分けるとサービス業、飲食業、小売業と仕切る事が出来ます。フランチャイズに加盟する場合には、どの業種を選択するかで成功するかどうか変わってきます。ですから、安易に業種を選ぶ事だけは遠退ける様にしたいですよね。では、業種を選ぶ際には何に重点を置いて選べば良いのでしょうか。下記に選び方のポイントをいくつか挙げてみましたので参考にして下さい。【スキな業種かどうか】基本的事ですが、その業種がスキなのか何とかという事です。無論、フランチャイズですから「資金が少なくて済みそうだから」とか、「開業や独立が自己開業よりはリスクが少ないから」とか考えると思いますが、これから作る事がスキ...
2017/01/12 01:05:12 | フランチャイズ
フランチャイズを成功させたいのであれば、フランチャイズの本質を理解するべきです。たとえば、フランチャイズをオープンさせて成功させるという目標が在るとします。その目標が月間売上500万円以上だとください。目標を達成させたオーナーと達成していないオーナーとは何が違うのでしょうか。他の店舗では行われていない独創的な事をして売り上げを伸ばしたのでしょうか。もしかするとそれも有るかもしれませんが、本当は成功の秘訣はそうじゃないと当てはまる様です。フランチャイズの本質を一概に理解して実践している事。基本的事に手を抜かない事。これが成功する秘訣ではないでしょうか。フランチャイズを始めるにあたって、本部側が提...
2017/01/10 01:05:10 | フランチャイズ
待ちに出て見回してみると、至る所にフランチャイズチェーン店が在る事がお分かりいただけると思います。案外様々な業種にフランチャイズチェーンが世の中には展開されているのです。では、主なフランチャイズチェーンにはどんな業種が見て取れるのでしょうか。【小売業】スーパーマーケット車用品店家電量販店コンビニエンスストア書店文具店100円均一ショップ【水商売】ファストフードお弁当屋居酒屋ファミリーレストラン焼き肉店喫茶店カフェ回転寿司屋イタリアンレストランピザ【サービス業】クラブリフォーム会社便利屋予備校清掃会社介護サービスクリーニング屋と言った3つの業種に大別する事が出来ます。上記は1例ですので探すと依然...
2017/01/07 01:05:07 | フランチャイズ
フランチャイズへの加盟をする時々本部と契約をする必要が有りますが、本契約をする前に確認を再度する事が大切となります。本部側も、加盟店側がフランチャイズに参加しやすい様な内容で契約書を作成したり、事業説明会等を行ったりすると思いますが、この時には事業内容はもちろんの事、リスクに関しても充分に説明して貰う事が大切です。また、契約書の内容も充分に確認しておかなくてはなりません。事業説明と食い違いがないか、不確かところが乏しいか確認する様にしないと、これからトラブルが起こる可能性も出てきますので、しっかりと確認をして置き、不明な点は直接聞いて比べる様にください。たとえば、フランチャイズでは一定地域にお...
2017/01/05 01:05:05 | フランチャイズ
フランチャイズでの業種を選ぶポイントを挙げてみたいと思います。先ずは1つの視点から見分けるのではなく、色んな角度から検討を通じて出向く事が必要です。ただし、色んな角度からと言っても何を見たら良いのか分かりませんよね。以下に観点の例を挙げてみますので、それを見ると見極め易くなるかもしれませんよ。・5年後、10年後を見据えてみて、事業として成立している業種かどうか・流行に流されない業種かどうか・今まで培ってきた経験や知識が活かせる業種かどうか・出店する場所にその業種が適しているかどうか・余分な資金も含めて充分に資金が有るかどうか等です。他にも有りますが、主な観点は以上の様だと思いますのでぜひ参考に...
2017/01/02 01:05:02 | フランチャイズ
フランチャイズにはチェーンシステムが有りますが、フランチャイズ以外にもチェーンシステムを導入している企業は有りますので、比較してみたいと思います。先ずはレギュラーチェーンと呼ばれるシステムです。通常、チェーンストアと呼ばれています。本部企業が複数店舗を建設し、そこで使用人を雇って働いてもらうという形態の経営システムになります。フランチャイズは加盟者側から責任者を生みだす事になりますが、レギュラーチェーンでは本部が責任者を任命して店舗で働いて味わう事になります。この形態においているのが大手百貨店や大手スーパーマーケット等になります。次にボランタリーチェーンと呼ばれるシステムです。これは全国各地に...
2016/12/29 01:05:29 | フランチャイズ
フランチャイズという言葉を聞いた事があると思います。簡単に言うと共同事業を行うという事です。フランチャイズ会社には、特権を届ける側と受け取る側が存在します。特権を達する側と言うのは、フランチャイズ会社を企画、運用している企業の事を指していて、本部や本部企業等と呼ばれています。この企業をフランチャイズではフランチャイザーと呼んでいます。特権を受け取る側と言うのは、その特権を使用して事業を現に運営している会社、または人の事を指していて、加盟店又は加盟者等と呼ばれています。これをフランチャイジーと呼んでいます。本部は事業展開する商品の開発を行い、トレードマークの開発も行います。その商品の販売やトレー...