単身赴任のまめ知識

2017/04/24 01:05:24 | 単身赴任のまめ知識
家族と離れ離れになるということは、経済的にもある程度の問題が生じますが、それ以上に精神面での問題が多いと言われています。実際、淋しい思いを通している単身赴任者は多いでしょう。それだけであればまだ良いのですが、中にはもう一度深刻なトラブルになるケースもあります。たとえば、家族とのコミュニケーションがなんだかとれず家族間の絆が軽くなったり、親としての務めを果たせないことで、子供との距離が生まれてしまったりするケースです。また、夫婦の仲に関してもそれぞれ猜疑的になる可能性が考えられます。遠距離恋愛がなかなか上手くいかない感じように、単身赴任によって家族がバラバラになるケースは少なからず存在しています...
2017/04/20 01:05:20 | 単身赴任のまめ知識
手当が出ることは、単身赴任者にとっては非常に頼もしいことです。ただ、その一方で気になるのがその額ですね。どれくらいの額の単身赴任手当が支給されるのかで、生活のレベルであったり、仕送りの額であったりが決まってきます。一際、子供が大学生で一人暮らしを始めたという家庭の場合、毎月子供に仕送りをする必要があります。それを踏まえつつ単身赴任先で自らの生活費を工面していく必要があるので、支給額は出来るだけ早いうちに知っておいた方が良いでしょう。単身赴任手当は、別居手当をはじめいくつかの手当があります。また、その手当の額には基本的決まりごとはありません。各会社それぞれの基準があり、それに照らし合わせて各々の...
2017/04/17 01:05:17 | 単身赴任のまめ知識
40〜55歳の人達が単身赴任をするケースが多いというデータが出ている一方、その人達はどういった職種で、またどれくらいの期間単身赴任をするのかというデータも出ています。前もって、赴任年数から見ていきましょう。単身赴任は1年で終了するケースもありますが、その割合は必ずしも高くはありません。基本的には、2年以上の単身赴任が多いといわれています。次に、2年以上の単身赴任者の中で赴任年数がどれくらいの割合で分布しているのかを見ていきます。2年以上の単身赴任者の赴任年数は、2年、3年、4年以上がそれぞれ33%前後となっています。つまり、2年の確率33%、3年の確率33%、4年以上の確率33%というのが現状...
2017/04/13 01:05:13 | 単身赴任のまめ知識
多くの家電製品が必要となる単身赴任ですが、その全てを買い埋め合わせるとなるとかなりの出費となります。近年、家電製品はかなり低価格化してきてはいますが、でもテレビ、バキュームクリーナー、洗濯機、冷蔵庫を買い集めるだけで弱く10万円は越えます。当然、他の生活用品等も必要となるので、総額はかなりのものになってしまう。この出費を最小限に切り詰める便利な方法があります。レンタル品の利用です。一時的な借入でOKの単身赴任者ならではの方法といえます。家電製品や家具のレンタルは、各所で行われています。ただ、100%どこにでもあるわけではないので、それでは赴任先の地域に家電のレンタルを取り扱うお店があるかどうか...
2017/04/10 01:05:10 | 単身赴任のまめ知識
辞令が下り、引越しの目処が立った場合、今度は単身赴任をするときの費用に関してもしっかりと確認しておく必要があります。とりわけ初期費用に関しては、まとまったお金が必要です。どのくらいの費用が必要かを割り出し、お先に銀行等からおろしておくと良いでしょう。単身赴任の初期費用として必要なのは、引越しの費用、生活・家電製品の新規購入費、入居ときの家賃や敷金、そして雑費です。ほんとに、引越しの費用は距離や規模によって異なりますが、2〜5万円を見ておくと良いでしょう。次に、各製品の購入費用です。とにかく必要となるのは、冷蔵庫とクリーナー、洗濯機、テーブル、ベッドといったところですね。カーテンがない場合は、カ...
2017/04/08 01:05:08 | 単身赴任のまめ知識
引越しをする際、多くの家庭では車を使います。もし知り合いにトラックを持っている人がいれば、それを借り上げることも視野に取り入れるでしょう。ただ、たとえば資格を持っている人が家族にいない場合、あるいはそういったツテがない場合等は、われわれだけで引越しをするのは容易ではありません。その場合はプロの引越し会社に依頼し、全部してもらうという方法を採るでしょう。引越しの規模や、距離も著しく影響してくるので、引越しの方法はおしなべてこれが良いとは言えません。そんな中、単身赴任の引越しの場合はどうでしょう。ほんとに、あてに出来るのは会社です。単身赴任者の多くは、われわれで引越しの作業を全部したり宅急便等を利...
2017/04/04 01:05:04 | 単身赴任のまめ知識
住まいとなる所を決めるも、準備をするも、ひとまず肝心なのは、どのタイミングで単身赴任の通知が出されるかということですね。単身赴任の辞令は、丸々赴任先の住居等を決める期間にもつながってくる。従って、どれくらいのタイミングでおっしゃるかということを念頭に置いておかないと、本当に通知を出された際に慌ててしまう。単身赴任の辞令が出るのは、まさに赴任を迫られる一月前以内がほとんどです。それも、ひと月前であれば大層善良で、実際には2〜3週間前くらいのタイミングでいきなり出されるのが一般的です。状況によっては、1週間前に出されることもあります。単身赴任を言い渡される場合はひとまず内示があり、その次に辞令があ...
2017/04/01 01:05:01 | 単身赴任のまめ知識
最新勤め先の住まいの条件として最初に考えるべきことは、前もって家賃でしょう。単身赴任をするほとんどの人は、現在の家のローンが残っていたり、あるいは借家や賃貸に住んでいて毎月家賃を支払っている環境に身を置いていることが多いでしょう。単身赴任中、それらのコストがかからないのであれば別段問題はありませんが、当然ながらそういったわけにはいきません。もちろん子供がいる場合は、その養育費や学資など、様々なお金がかかります。その中で、単身赴任先の住居に意外とお金はかけられないというのが、ほとんどの人に共通する問題と思われます。自分の給与、そして手当等を含めたひと月の収入の中からしっかり予算を組み上げ、単身赴...
2016/12/29 14:16:29 | 単身赴任のまめ知識
冬から春にかけての季節は、毎年多くの人にとって転機となります。たとえば、学生であれば学年がひとつのぼり、一段と高度な授業が待っています。また、クラスが変わり心機一転新目標を掲げたり、これまでとは違うコミュニティを築いたりしますね。小中高の卒業生であれば、次の学校へ進学ということになります。学年が変わること以上に、大きな節目となることは間違いありません。大学4年生、或いは院生として2年以上過ごした人、そして予備校生や専門学校生にとっては、アダルトとなる重要な時期です。社会人に生まれ変われるかどうか、あるいはいまや内定が決まっている人にとっては、社会人としてどうしてふるまうべきかなど、様々な悩みを...