プロフェッショナルも訴えるスピードラーニングその3

プロフェッショナルも訴えるスピードラーニングその3

プロフェッショナルも訴えるスピードラーニングその3

 

どちらかと言うと、「いつか英語が賢くなるのだ!」と信じて続けてる人などに向いているでしょう。

 

 

英語を聞いていると、次には日本語が流れてしまう。

 

英語のセンテンスは、本当に少ないものです。

 

その後にどんなことを言ったのか、日本語が流れてしまう。

 

このようにスピードラーニングは、英語と日本語が交互で聞き取れる教材なのです。

 

少ない文章で構成されているところも、英語が出来るようになることに繋がっているようです。

 

これも英語が上達出来る秘訣のひとつでしょう。

 

 

少ない英文がおわり、その意味の日本語が流れてしまう。

 

ですから、仮に、わからない単語があったとしても、書き留めて辞書を退く必要がなくなります。

 

さっきのあの単語はこの意味だったのか、と一瞬でわかるようになります。

 

ですから、英語に不慣れな方けれどもゆるゆる続けられるでしょうね。

 

 

また、スピードラーニングの英語は、バックに音楽が流れています。

 

これは、一段とリラックスして吐き出せるような音楽が入っているのです。

 

これが、英語の名手にも高く評価されています。

 

 

そうしたら、スピードラーニングは実践で使えると評価している人が多いことも注目されています。

 

日常会話がかわいく入っていますから、センテンスを聞いているうちに暗記してしまうでしょう。

 

発音も丸ごと頭に入ってくるようになりますから、口から出た言葉は耳で聞いた英語になります。

 

このようなメリットが沢山ある、スピードラーニングは、名手たちからの後押しもあり、世間にどっさり広まっています。

 

 

 

英語のリスニング教材とスピーキング教材その1

プロフェッショナルも訴えるスピードラーニングその3

 

スピードラーニングという、英会話の学習方法がマスコミも話題に上がっています。

 

みなさんも広告などで、一度くらいは、スピードラーニングという文字を、見たことがあるでしょうね。

 

有名人もこれで学んだと言っているくらい注目されている英語教材です。

 

これは、ご存知の方も多いように、英語を聞き流す、ただそれだけでずいぶん簡単な英語学習方法です。

 

 

では、このような学習方法が出てくる前は、どういう英語教材、英会話教材が存在したのでしょうか?
英会話教材についてお話しますと、実に沢山の教材が存在します。

 

インターネットで「英会話、教材」と調べても、それだけで数多くの教材がヒットするでしょう。

 

たとえば、スピードラーニングという実に訊くだけの教材もあれば、リスニングした後に、本当に発音して見る教材も沢山あります。

 

昔から、このようなリスニングの後、同じように繰り返して発音する教材が通常だったような気がします。

 

みなさんもご存知、「リピートアフターミー!」と伸びる例のパターンですね。

 

これらは英語の「スピーキング教材」と呼ばれています。

 

自宅で聞きながら、またはビデオを見ながら、本当に発音練習をします。

 

このように、英会話を自宅で習いたい、自分で教材によって学ぼうとすると、このリスニングだけの教材か、その後に増やすスピーキング教材か、大きくわけて、このどちらかのパターンになるでしょう。

 

勿論、この他にも英会話教室など、外に習いに行く方法もありますが、ここでは自分で学ぶ教材についてお話しますね。

 

 

 

英語のリスニング教材とスピーキング教材その2

プロフェッショナルも訴えるスピードラーニングその3

 

二つの違いは他にもあり、発音しなければならない教材は、実際に声を出すので、いつでもどこでも学ぶに関してには行きません。

 

通勤の電車の中で声を出して発音するわけには行かないですからね。

 

ですから、スピーキング教材ですと実際に英語を口に残せる環境が必要です。

 

従って、学習場所は自宅などに限られてしまいます。

 

学習場所は限られますが、教材の中それでは、ネイティブスピーカーが話した後、同じように話したり、会話をしたり、返事をしたり、コミュニケーションを落とせる教材です。

 

 

ですから、スピードラーニングなど、一方的に訊くだけのものより、楽しさを感じるかもしれませんね。

 

小さなゲーム感覚で英語の勉強が出来るようなものが多くなっています。

 

やはり、スピードラーニングのように、聞き流すことそれでは学習できません。

 

スイーキング教材はきちんと向かい合って、集中して学習することになります。

 

反対にスピードラーニングは扱う必要がなく、音楽のように聞き流すだけです。

 

いつでもどこでも、何をしながらでも、スキな時間、スキな場所で英語を学ぶことが出来ます。

 

 

一般にリスニングの教材と言っても、その中で各種教材があります。

 

たとえば、話すスピードが手早い英文、また、普通の速さを交互に聞いて耳を鍛え上げる教材もあります。

 

そうしたら、実践的な材料を訊く教材もあります。

 

外国のニュース番組を聞いたり、ラジオ番組で話していることを聞いたりする教材もあります。

関連ページ

スピードラーニングについてその1
スピードラーニングについてその3、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
スピードラーニングで英語を勉強その1
スピードラーニングで英語を勉強その3、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
スピードラーニングの中古品
スピードラーニングの口コミその1、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
スピードラーニングの口コミその2
スピードラーニングの口コミその4、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
スピードラーニングの口コミその5
精鋭もすすめるスピードラーニングその2、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
英語のリスニング教材とスピーキング教材その3
スピードラーニングのフランス語、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
子供にもスピードラーニング
ヒアリング英語教材について、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
ヒアリング英語教材について続き
隙間の時間でスピードラーニングその2、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
隙間の時間でスピードラーニングその3
スピードラーニングジュニア続き、スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!