家庭菜園初心者向け「水やりの方法」

家庭菜園初心者向け「水やりの方法」

家庭菜園初心者のかたがたは、野菜作りを始める前にいろいろと覚えて置きたいことがあります。

 

せっかく野菜作りにチャレンジするのですから、出来れば大収穫と行きたいものですよね。

 

まあ、大収穫とならなくても、美味しくて、健康的な野菜が収穫できて、食卓に並べることが出来たのなら、最初の年は大成功と言えるかもしれません。

 

さて、いろいろ覚えてほしいことがある中で、今回は水のあげかたについてお話しましょう。

 

野菜に水をあげる、これは初心者でもわかっていることだと思います。

 

ですが、それにもただ、水をあげるだけでなく、コツがあるのです。

 

家庭菜園において、野菜の水やりは必須です。

 

ですが、あげればよいと言うものではなく、水が多すぎると、根が酸素不足になり、根腐れを起こしやすくなります。

 

土の中は、雨水などがしみこんでいて、常に適度な水分量があります

 

ですから、苗を植えて株が定植できたのなら、それほど、頻繁に水をやらなくても大丈夫です。

 

もちろん、植えた直後はたっぷりと水をあげますが、その後、落ち着いてきたら大丈夫です

 

種を植えたばかりですと、水をやったことで種が流れてしまう場合があります。

 

また、幼い苗ですと、水やりでダメージを受けてしまうケースもあります。

 

種も苗も、この赤ちゃんの時期は、水の勢いに気をつけなければなりません。

 

例えば、じょうろの口部分を上向きにすると、よりやさしい水が流れます。

 

口を下向きにしているジョウロが通常で、勢い良く水が出ます

 

 

 

家庭菜園初心者向け「水やりの方法」続き

家庭菜園をやったことのない方は特にジョウロなんて興味ないと思いますが、ジョウロにもいろいろと使い方があるのです。

 

ジョウロの使い方を知ることも家庭菜園初心者の方にとっては大切なことですね

 

ハス口の大小もありますから、ジョウロを選ぶときに口もチェックすると良いでしょう。

 

種は、発芽するまで、水分が必要ですから、水を切らさないように気をつけましょう。

 

そして、葉や根が大きく成長してきたら、大量にお水をあげます。

 

葉が大きく茂っている野菜などは、葉で水がはじかれ、根元に行かない場合がありますので、葉を持ち上げ株元に水をかけるか、後で根元中心にたっぷりと水をかけます。

 

水をあげるタイミングですが、初心者はとりあえず毎日あげようと思ってしまうようです。

 

ですが、株元の土が、白く乾燥してきたら、お水をあげても良いというサインなのです。

 

水やりは回数を沢山するのではなく、回数は少なくし、一回の水やりで、土をたっぷり湿らすようにあげましょう。

 

勢い良くジェットなどのホース機能を使ってお水をあげる方がいらっしゃいますが、水圧は苗にダメージを与えますからジョウロで十分です。

 

冬場はなるべく暖かいうちに水をあげ、夏は、朝か夕方、涼しい時に水をあげます。

 

日中、暑い中、乾いているのを発見してしまって、慌てて水をあげてしまいがちですよね。

 

ですが、高温の中、水をあげると、根っこにかかった水も高温になってしまいます。

 

そして、土の中が蒸し風呂状態になって、根が焼けてしまう場合がありますから気をつけましょう。

関連ページ

家庭菜園の人気
家庭菜園の人気秘密・スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
家庭菜園でエコ
初心者でもわかるフードマイレージと家庭菜園・スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
初心者にお勧めの家庭菜園
初心者にお勧めの家庭菜園その3・スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
家庭菜園の初心者向け野菜
家庭菜園の初心者向け野菜その4・スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
初心者は家庭菜園を絵に描いてみる
初心者は家庭菜園を絵にかいてみる続き・スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
家庭菜園の問題「連作」
家庭菜園の問題「連作」続き・スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
家庭菜園には通路が必要
家庭菜園初心者向け「種の選び方」・スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!
家庭菜園初心者向け「土作り」
家庭菜園初心者向け「肥料の選び方」続き・スキルアップや習い事、生活の便利情報など、夢をもった人生を!